その他

志村けん初のNHK朝ドラマ「エール」のあらすじと放送はいつでどんな役?代役は誰?

3月29日に新型コロナウイルスによる肺炎で他界されたお笑い会のレジェンド志村けんさん(享年70)が、最初で最後のドラマ撮影をしていた事がわかりました。

志村けんさんが生前、撮影をしていたのはNHK朝のドラマ「エール」だそうです。

今まで見ていなかっただけにどんなあらすじなのか、調べてみました。さらに、志村けんさんが登場する役はどんなやくなのでしょうか?

《志村けん初のNHK朝ドラマ「エール」のあらすじと放送はいつでどんな役?代役は誰?》でまとめています。

スポンサーリンク

Sponsored Link

志村けん初出演のNHK朝ドラマ「エール」のあらすじ

大正時代の話。

福島の老舗呉服屋の長男・古山裕一(石田星空)はとても不器用で内気な性格の為に虐められていた。

あまり自分から行動しない裕一に対して、担任の藤堂先生(森山直太朗)は作曲をしてみてはどうか?と勧める。その後、秘めた才能を発揮していくとの話です。

志村けんさんが登場するのは、5週目「愛の狂騒曲」

祐一と音(二階堂ふみ)の恋の駆け引きが繰り広げられる。しかし、2人の関係をよく思っていない母親(光子)は音に祐一との関係を断ち切るように迫るのでした。志村けんさんがどのような形で登場するのかが楽しみです。

 

スポンサーリンク

Sponsored Link

志村けん初のNHK朝ドラマ「エール」放送はいつ?

志村けんさんの最初で最後のドラマ出演となった作品の放送日は、5月1日(金)を予定しています。

コロナウイルスによる肺炎で亡くなられる前に撮影した貴重なシーンを無駄にする事なく、使用する事を決断されたんですね。多くのファンの方が志村けんさんの最後の芝居を観れるので楽しみにしていると思います。

しかし、気になるのがどれくらい撮影しているのか?ですよね。

 

実際に撮影をしていた期間もあまり長くないようですし、5月1日に志村けんさんの映像が放送されるのは確かですがどれくらいの回数ドラマ「エール」に出演されるのかは未発表です。

もちろん、予定されていた撮影は中断されているのですが「エール」の撮影を続行させる為に代役はどうするのか気になりますね!

 

スポンサーリンク

Sponsored Link

志村けん初のNHK朝ドラマ「エール」どんな役で代役は誰?

志村けんさんの代役は今のところ考えられていないようです。

志村けんさんの役である小山田耕三は、ナレーションにて進められると言われています。NHKの朝ドラを見ていない方も、今回の志村けんさんのシーン見たさに5月1日の視聴率が高まりそうですね。

 

スポンサーリンク

Sponsored Link

志村けん初のNHK朝ドラマ「エール」のあらすじと放送はいつでどんな役?代役は誰?【まとめ】

《志村けん初のNHK朝ドラマ「エール」のあらすじと放送はいつでどんな役?代役は誰?》でまとめてきました。

NHKの朝ドラマ「エール」、今まで見ていなかった方も志村けんさんの遺作となってしまっただけに・・興味を持つ人が多そうです。

Sponsored Link

-その他

© 2020 子育て話題・気になる話題や情報のまとめ Powered by AFFINGER5