日本での話題

大阪スーパーマーケットの入場制限はどこで方法は?海外・欧米の入場制限の方法を調べてみた

コロナウイルス感染が拡大している大阪では、外出自粛・テレワークでもスーパーマケットの利用は増えている・さらに感染拡大防止のためにスーパーマーケットへの入場制限を4月24日から要請することを発表しました。

コロナウイルスが拡大している欧米では既に行われているスーパーマーケットの入場制限について、気になることをまとめてみました。

スポンサーリンク

Sponsored Link

大阪スーパーマーケットの入場制限はどこで方法は?

緊急事態宣言が出てからも食品を売るスーパーマーケットや日用品売り場は、もちろん通常通り営業していますよね。

しかし、スーペーマーケットって不特定多数の方が出入りしててコロナウイルスが感染しやすい場所でもあります。実際に、スーパーマーケットで働いている方からの不安の声も上がっているそうです。

現段階では、4月24日にスーパーマーケットに入場制限を要請するとの事なのでどこの店が制限されているかは明らかになっていません。

しかし、大阪・東京では早い段階で対応される事が見込まれます。

 

基本的には、密集を避けるためなので行列が出たとしても2m間隔で並ぶなどの対処が必要になってきますね。

既に、1ヶ月以上前からコロナウイルスの感染が拡大している欧米での対応はどのようなものなのか知らんべてみました。

スポンサーリンク

Sponsored Link

海外・欧米でのスーパーマーケットの入場制限の方法とは

《海外・欧米でのスーパー入場制限》

  • 店に入る人数の制限(店舗の規模によって人数を決める)
  • 入場待ちは2m間隔で並ぶ
  • マスク・ビニール手袋は必須
  • 買い物中もソーシャルディスタンスを守る
  • 基本的に買い物は一人で行う
  • まとめて買い物を行う事

国やスーパーマーケットによって制限の方法は異なりますが、上記のような事が調べでわかりました。

日本では、スーパーマーケットに入場する際もマスクやビニール手袋が義務付けられていないようですが、これは義務化するべきだと思いますね。

自分の身も守る、そして相手にも移さない配慮を行い感染を拡大させないようにしていくべきですね。

 

スポンサーリンク

Sponsored Link

大阪スーパーマーケットの入場制限はどこで方法は?欧米の入場制限の方法を調べてみた【まとめ】

ここ数日でスーパーマーケットへの入場制限や規則は、日本全国で行われるようになると思います。

マナーを守って、感染拡大を防ぎましょう。

Sponsored Link

-日本での話題

© 2020 子育て話題・気になる話題や情報のまとめ Powered by AFFINGER5