その他

北九州市の病院内コロナ集団感染が確認された!病院名どこ?医療崩壊?

更新日:

4月1日に北九州市の病院に入院していた男性がコロナウイルスに感染していた事が確認されました。この事により、院内感染だと思われる状況が起きています。

現時点でわかっているのは、病院関係者が17名です。

コロナの集団感染が起こった病院名は、北九州市門司区の新小文字病院。医療スタッフ17名は既に感染が確認されているが、検査が行われたのはこの入院しいてた男性に直接関わったとみられるスタッフのみ。北九州市は、この病院関係者全員おおよそ600名と入院患者183名の検査を要請したとのことです。

北九州市の医療スタッフの容態は?

この新小文字病院で働いているスタッフ全員にコロナウイルスの検査が行われるとのことですが、入院していた男性は先月31日から入院していたとの事で既に数日が経過しています。

今のところ、感染が確認されている医療スタッフ17名も高熱や咳の症状は確認されていないとの事ですが、15日間の自宅療養になると思われます。

この陰性が確認された17名の家族や接触があったと思われる友人、知人の方々の検査が必要となるとかなり多くの方がコロナウイルスの検査が必要になります。地域にもよりますが、コロナウイルスの検査にも一定の時間を要しますし多くの人数を検査しているとの話はあまり聞かないので・・大きな混乱が起きないかとても心配ですね。

 

他の病院でも、同じようなことが起こらないためにも最新の注意が必要になってくると思われます。

北九州市で集団感染した事で医療破壊の可能性は?

北九州市の市長は、今回の自体を重く受け止め「医療破壊」が起こらないように気を引き締める必要があると語っている。

4月2日現在では、北九州市の病院で医療破壊は起こしていないが日本全国で多くの感染者が発表されていることは事実だ。1日に200名のコロナウイルス感染者が発表されている。

今後、中国やヨーロッパのように医療破壊が起こらないことを願うしかない。国民の一人一人が意識を高く持って頑張るべきですね。

Sponsored Link
Sponsored Link

-その他

Copyright© 子育て話題・気になる話題や情報のまとめ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.