バイリンガル子育てママのグローバルライフ

スペイン人パパ・日本人ママ、夫婦での会話は英語!バイリンガルならず、トリリンガル子育てとその家族生活♪

妊婦・育児 産後の悩み

木下優樹菜・梨花の出産後の体重減少の秘訣!実は、そんなに難しくないスタイルを戻す方法

投稿日:

妊娠して体重が増える・胎児を守るために母として脂肪がつく

母親になる為の変化とは言えども、女性として体重変化は気になりますよね。

 

そして、出産すると体系が変わってしまった!

って話もよく聞きます。

でも、きれいな女優さん・モデルの方々って産後でも仕事に復帰して

きれいな姿をキープしています。

 

そこにはどんな秘訣があるのでしょうか?

実は、そんなに難しくない産後にスタイルを戻す方法を

まとめてみました。

 

syussa
 

妊娠中の体重管理

「妊娠中は、体重が増えるのは当たり前」

と言っても、限度があります。

 

やせ型の人で、10~12㎏程度

普通体系の人で、8~10㎏程度

太り気味の人で、6~8㎏程度

 

が望ましいと言われています。

健康的な食事をして、体重管理をする事は

妊娠中毒症になる事も防げますし

産後のスタイル回復にも大きな差が出ます。

 

ストレスを溜めないように健康的に過ごしましょう。

 

妊娠中の程度な運動

食事を気に掛けるだけではなく

妊娠中であっても、軽い運動・家事は体力維持につながります。

妊娠中に筋肉がすべて落ちてしまうと

出産の時も産後も大変になってきます!

 

妊娠は、病気ではないので

病院の先生の許す範囲で適度な運動は欠かせません。

 

妊婦ヨガなどもいいかもしれません!

 

妊婦の体と胎児の体

適量の体重増加の話をしましたが

実際に産まれてくる胎児は3㎏前後・・・

巨大児と言われる子でも、4㎏程度です。

 

さて、残りの増加した体重は?

 

体重増加の配分は?

 

胎児・・・約3㎏

胎盤+羊水・・・約1㎏

乳腺が張った胸・・・300g~600g程度

 

胎児をお腹に抱えている実際の量は

羊水なども含めて約4㎏となります。

出産すると胎児・胎盤・羊水が体外へ出ますから

自然と4㎏は自分の体重から減る事になります。

 

 

しかし、残りの増加した体重は?







と言うと・・・

そうです。

子宮にいる胎児を守る為にできた母体の脂肪と言う事になります。

 

産後の入院生活

自然分娩の場合で、5~7日程度の入院とされています。

帝王切開の場合は、もう少し期間が長いようですが・・・

 

出産で消耗した体力を回復させる為にも

ゆっくりと休む必要がありますが

1週間も寝たままだと体がなまってしまいます。

 

ベッドの上で出来るストレッチ、自分でできる手足のマッサージ等が効果的です。

 

海外での入院期間

日本に比べて、海外は入院期間が短いのは有名ですよね。

私が出産したスペインでは、

体調に問題なければ、産後48時間で退院が可能です。

 

その間に、新生児のワクチン接種や各検査が行われます。

 

なお、出産した直後から

24時間母子同室で入院します。

 

日本でも、24時間母子同室できる産院もあるようですが

一般的なのは、母体をいたわる為に母乳の時間以外は母子別部屋・・・

私は初出産がスペインだったので、

自分が産んだ子が自分の目から離れている事が想像できません。

 

分娩室からベッドに寝かされたまま、産後室に移動し

それからずっと我が子は手が届くところにいました。

夕方に出産して、家族がお見舞いに来てくれて・・・

その日の夜は、夜泣きをする事もなく無事に時が流れました。

 

麻酔の効き目が切れた頃、尿意を感じ

ナースに支えられながらトイレへ移動・・・。

麻酔の副作用がないことを確認して、

「通常通りの生活」

を勧められました。(もちろん48時間は病院ですが)

 

ベッドの上で体を少し動かしてみたり

赤ちゃんを抱いたまま少し病室を動いてみたり・・・

産後翌日から、体を動かしていました。

むしろ、じっとしておくことの方が辛かったと思います。

 

母乳育児

母親の免疫を受け継ぐ事ができるので

母乳で育てる事が勧められていますが・・・

実は、母乳育児のメリットはそれだけではないのです。

 

母乳育児のメリット

  • 母親の免疫を赤ちゃんへ
  • 母親の乳がん・子宮がん確率低下
  • 子宮の回復促進
  • 母親の体重減少(スタイル回復に効果的)
  • 粉ミルク代がかからない
  • 外出先でもすぐに授乳できる
完全母乳で育てる事で、1日に約700kcalものエネルギーを消費します。

 

完母(完全母乳育児)でダイエット

 

1日に約700kcalものエネルギーを消費する授乳

この消費エネルギーは、1時間泳いでいるようなものです。

 

母乳育児をされている方は、すごくお腹がすくように

母乳を作る為に多くのエネルギーが消費されているのです。

 

母乳育児で、
  • 母乳がなかなかでない
  • 乳首が切れる・出血する
  • 外出先で授乳に抵抗がある
など、様々な悩みがあると思いますが

母乳で育てる事のメリットを知っていれば、頑張れるはずです。

 

母乳が出にくい理由

どんな母親でも、母乳は出るようになります。

産後10日程度(個人差はあります)は、母乳が少ないのは通常です。

この期間に、母乳が出ないからと授乳を諦めミルクの量が増えると

さらに母乳は出なくなります。

 

なかなか量が出なくても、授乳の頻度が多くなっても

赤ちゃんに授乳させる事をやめない事です。

 

ストレスを溜めず、考えすぎないことです。

必ず母乳は出ると信じて・・・

出の悪い初期に授乳をやめないことが肝心です。

 

乳首が切れる・出血する

妊娠時期からオイルを塗ってケアしていたつもりでしたが

私も乳首が切れました。

赤ちゃんが母乳を吸えるようになってすぐ・・・

 

多量の出血とまではいかないまでも

鋭いナイフで切られたような痛み

さらに、赤ちゃんが吸い付くと針で刺すような痛み

飲み始めは特に激痛です!!

 

乳首の皮はむけ、かさぶたが・・・

授乳後にはオイルを塗ってケア・・・

しかし数時間もしないうちに授乳の繰り返し

(授乳前には水でオイルを流し)

coesam コエサム ローズヒップオイル スキンケアオイル 美容オイル 15ml 単品3個セット 45ml 新パッケージ【P10】
正直このままだと私のおっぱいが

1ヵ月後にはすり減ってしまうのではないか?

と、思ったぐらいです。

 

服に乳首が当たるだけで痛かった・・・。

また胸全体もチクチクとした初めての痛み

(氷で胸元をチクチク刺されているような痛み)

出産後の2週間が最悪でした・・・。

 

そこまでしても、授乳をやめなかったのは

大事な我が子の為・・・

そして自分自身も母乳で育てたいという強い希望がありました。

その理由の一つが







母乳を作る時のエネルギー消費です。

 

母乳生成のエネルギーを活用

動物の体のメカニズムは本当に素晴らしいと思います。

哺乳類の母親が母乳で育てるには理由がある!

出産後、ホルモンの働きで母乳が出るようになる!

 

関連記事:母乳はいつから出るの?赤ちゃんと旦那では吸い方に違いがある!?母乳の仕組み

 

同じ女性で胸があっても、

今までは考えられなかったような事が体の中で起きているのです。

 

母乳生成の為に消費されるエネルギー量が多いので

無理な運動をしなくても母乳育児をしているだけで

無理なく簡単に妊娠前のスタイルに戻れてしまうんです。

 

母乳で育てていると、お腹がすきます。

エネルギー消費しているから当然の事ですが・・・

 

ここで注意する事は一つだけ!

健康な食事をバランスよくとりお菓子等の間食をしない事!

 

小腹がすいたら、ゆでた野菜か果物・・・

ジュースではなくホットミルクがおすすめです。

 

コーヒー・紅茶・緑茶にはカフェインが入ってますので

とり過ぎには気を付けてください。

 

乳腺炎予防には搾乳

母乳がしっかり出るようになってくると

赤ちゃんが飲みきれなくなった残乳が溜まっていきます。

 

外出して3時間以上授乳しない事があれば

胸が石のように固く張ってしまうことでしょう!

 

固く張ってしまった胸をそのままにしておくと

乳腺炎になってしまいますので、

暖かいお風呂に入ってもみほぐし、搾乳する事をおすすめします。

★あす楽★メデラ スイング電動さく乳器(カーム付き)「正規品」★選べる豪華おまけ付き![メデラ 搾乳機 電動搾乳機 さく乳機 medela 哺乳びん 授乳用品 母乳育児 ベビー用品 さくにゅうき]

 

固くなる前に、授乳後に定期的に搾乳する事で

母体事態も胸が張らず、楽になります。

たくさん母乳を生成するとたくさんエネルギーを使う!

 

この事を忘れずに、頭においてこまめに搾乳しましょう。

【送料無料】メデラ 手動搾乳器 ハーモニー Medela Harmony 世界唯一の2フェーズ式の搾乳器だから簡単で安全♪ キッズ・ベビー・マタニティ ベビー 授乳・お食事 哺乳びん・授乳用品 さく乳器【並行輸入品】

母子一石二鳥

新生児の時は、母親も熟睡する事が出来ず

手伝ってくれる家族がいない場合は、育児&家事で

大変だとは思います。

 

育児をしながら楽しみを見つける事が必要!

 

目標をもって

産後も女性として、美しい体を保つことは自分の励みにもなります。

母乳育児をしていると勝手に体重は減っていくし

胸は、妊娠前よりもかなり大きくなるし・・・

 

プラス思考でいる事で、母乳育児が楽しくなります。

さらに、赤ちゃんがなかなか寝てくれない時も

あやしながら、ちょっとスクワットしてみたり

足踏み運動をする事でエネルギー消費♪

 

細くなった筋肉を取り戻すのにもいいかもしれません!

 

腕の筋肉をつけたい方は、

赤ちゃんを抱く時に胸から少し離して抱いてみてください。

赤ちゃんの体重を腕の力だけで抱えると

結構、腕がプルプルきちゃうと思います。

 

ずっとはきついですが・・・

赤ちゃんをあやしながら、時々

寝付いてくれない赤ちゃんにストレスを溜めるのではなく

夜中にちょっと筋トレ!!

そんな日々の生活で、無理をしなくてもすぐにスタイルは戻っていきます。

妊娠前よりも体重が減少する人も多いようです。

 

体重変動の体験談

私は、妊娠前やや筋肉質の標準体重でした。

妊娠してから順調に体重は増え、10ヵ月突入同時くらいに

11.5kg増になったのがピークでした。

そこから、何をしたわけでもないのですが・・・

ちょっと体重は落ちて

最終、出産直前は10.5㎏増

 

出産・入院生活(48時間のみ)を経て

家に帰ってきた時の体重は、

出産直前から4㎏減少(妊娠前+6.5㎏)しただけ・・・。

しかし、数日もしないうちにみるみると体重が減少

 

1週間後にはさらに3㎏減(妊娠前+3.5㎏)

2週間後にはさらに0.5㎏減(妊娠前+3.0㎏)







現在、出産から3週間半ですが

妊娠前の体重+2.0㎏弱です。

 

最近お腹がすいた時に、甘いものを食べてします日々が続いているので

気を付けないといけないなぁ・・・と思っています。

ちゃんと食事を気を付けていれば、育児をしているだけで

簡単にダイエットができる気がします♪

 

Sponsored Link


 

まとめ

女優やモデルさんが産後数ヵ月後にスタイル抜群で復帰していますが

母乳育児をしていれば、妊娠前のスタイルに戻すことも

そう難しいことではありません!

 

育児事態が体力仕事ですから・・・

我が子と共に切磋琢磨しながら、目標をもって

楽しむ事が肝心ですね!

 

愛おしい我が子を抱きながら少し大きく足ふみする・・・

そんな時間を自分で作ってみてくださ。

 

母乳の悩みは、本当にたくさんあると思います。

私も経験した乳首が切り裂けるような激痛・・・

体がボロボロになっていくのではないか!?

と、心配しますが

 

時期に母乳がしっかり出るようになれば

赤ちゃんの母乳の飲み方も優しくなってきますし

母体も慣れてきます!

 

少しの辛抱だと思って、我が子の為・自分の為にも

母乳育児を諦めないで頑張ってください!

 

Sponsored Link
Sponsored Link

-妊婦・育児, 産後の悩み

Copyright© バイリンガル子育てママのグローバルライフ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.