バイリンガル子育てママのグローバルライフ

スペイン人パパ・日本人ママ、夫婦での会話は英語!バイリンガルならず、トリリンガル子育てとその家族生活♪

バイリンガル育児 妊婦・育児

マルチリンガルとは?ベリーズで出会った少女から学んだ事~ドラのバイリンガル育児術~

投稿日:

バイリンガル・トリリンガルという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

世界には、各国で使う言葉があります。

日本では日本語、アメリカでは英語、フランスではフランス語・・・

といったように、その国での公用語(共通語)が基本的にあります。

 

しかし、多くの国で地域によって使用する言語が違うというのも稀な話ではありません。

例えば、カナダ・・・

 

さて、問題です!カナダの公用語は!?

答えは、マルチリンガルとは?の説明に・・・

 

マルチリンガルとは?

 

上記での質問、カナダの公用語わかりました?

 

・・・カナダ語!?

そのようなものはありませんね(笑)

 

・・・

アメリカの上に位置するカナダなので

英語?

 

正解!!

でも、カナダの公用語は2つあります。

英語とフランス語・・・

イギリス(英国)系移住民の多い地域は英語を公用語とし

フランス系移住民の多い地域(東部)はフランス語を公用語とします。

 

正式に言うと、人口の約60%は英語を公用語としており

約20%がフランス語を公用語、

残り20%は他国語や複数の言語を話す人種になっています。

フランス語の割合は少ないですが・・・国ではこの2ヵ国語を公用語と認めています。

 

このように、同じ国に住んでいても公用語が違うと

英語圏の地域とフランス語圏の地域の境目はどうなっているの?

 

と、疑問を持ちますよね・・・。

そうです。

 

英語だけを公用語とする地域フランス語だけを公用語とする地域

また英語とフランス語を公用語とする地域があり

公共の学校では、2ヶ国語で授業が行われているのです。

 

このように、2ヶ国語以上の言語を習得しているものを

「マルチリンガル(multilingual)と言います。

 

マルチ(multi)とは複数の多様のと言う意味から・・・

 

バイリンガル

 

2ヶ国語の「バイリンガル(bilingual)」とは、2つのと言う意味から

Bicycle(自転車)はタイヤが2つあるから

Bisexual(両性愛者)は、男女両方に性欲を抱くから

 

日本でも、バイリンガルという言葉は認知度が高いでしょう。

日本人では、日本語と英語が一般的な気がしますね!

 

トリリンガル

 

3つの言語を自由に使いこなすことができれば、

これを「トリリンガル」と言います。

2ヶ国語を習得している人は、結構3ヶ国語以上は習得が早いそうです。

世界には、多くの言語がありますが・・・

スペイン語・ポルトガル語など似てますしね!

 

 

モノジトリテトラ何語?

 

モノ・ジ・トリ・テトラ・ペンタ・・・

化学の勉強を思い出す、この響き♪

(化学記号が大好きだった私)

 

これは、ギリシャ語の数の数え方です。

この1と言う意味の「モノ」を取り

 

モノリンガル

1ヵ国言語のみを話す人を

「モノリンガル」と言います。

 

と、言ってもあまり使われていない言葉なので聞きなれないし

わざわざ人に

「自分はモノリンガルだ」などと言う機会もないでしょう。

 

マルチリンガル

 

このように、複数の言語を多様に使いこなす人の事を

マルチリンガルと呼んでいます。

 

トリリンガルの少女

 

私が、中米ベリーズに住んでた時の事です。

 

ベリーズ(中米)

メキシコの下に位置する国ベリーズ

国土は四国ぐらいの大きさしかない小さな国です。

 

聞いた事のない人が多いと思います。

それもそのはず、独立から35年しか経っていない新しい国なんです。

 

独立は、1981年9月

 

イギリスの領地だったこの国の公用語は、英語!

しかし、この国は移住民がほとんどで・・

 

メスチーソ人、クレオール人、ガリフナ人、マヤ人、中国人

と多くの人種で成り立っている国です。

 

その為、英語を公用語としていても民族それぞれ言語が違います。

家では、民族語を使用して外では英語を使う・・・

学校では基本的に英語を習います。

 

地域によっては、スペイン語と英語を学習

午前中は、英語での授業

午後は、スペイン語の授業

と言うようなシステムのところもあります。

 

また、公用語が英語ではあるが

両親が英語を話せないという家庭もたくさんあります。

そのため、学校からの連絡事項を親が理解できない

ということも少なくないようです。

 

子供の適応性

 

両親が民族言語だけしか喋れない家庭は

小学校以上の子供がいれば、その子供が通訳をします。

子供は学校で英語を習得しますので、

親からの教育がなくても自然とバイリンガルになっていくのです。

 

英語・スペイン語・手話

この国で出会った10歳前後の少女・・・

彼女の家庭は、メスチーソでスペイン語を話します。

 

学校では、英語を習得する為彼女はバイリンガル・・・

のはずが、

実は彼女の母親は聴覚障害者

 

つまり、彼女は母親とのコミュニケーションは手話

 

彼女が母親と買い物をしているのを見て

思わず二度見してしまった事を覚えています。

 

母親以外の家族はスペイン語をしゃべるのでしょう。

朝の市場で、堪能なスペイン語で市場の人と喋っていました。

 

そして、別の売り場では英語で話し・・・

母親とのコミュニケーションは手話を使用していたのです。

 

何とも器用な子供でしょう。

この国は、日本のようなカルチュアルスクールがあるわけでもなく

たくさんの本があるわけでもありません。

インターネットが使える環境も限られてる

そんな国で・・・

 

この少女は、3つの言語を堪能に使いこないしていたのです。

 

まとめ

2言語以上を使いこなすマルチリンガル!

日本人でも、将来のために小さい頃から英語教育を重視する現在・・・

 

子供の可能性は無限です。

わずか、10歳にして3つの言語を使いこなす少女を目の当たりにして

高額なカルチャースクールがなくとも

必要性があれば習得できるものだと感じました。

 

普段の生活で英語を必要としない日本社会と

私が住んでいたベリーズでは

環境が大きく違いますが・・・

 

これからバイリンガル育児を始めようと思っている方

子供が混乱するのではないか?と疑問に感じている方

 

そんな不安を感じる必要はありません!

子供の好奇心・可能性を多いに広げてあげてください

Sponsored Link
Sponsored Link

-バイリンガル育児, 妊婦・育児

Copyright© バイリンガル子育てママのグローバルライフ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.