バイリンガル子育てママのグローバルライフ

スペイン人パパ・日本人ママ、夫婦での会話は英語!バイリンガルならず、トリリンガル子育てとその家族生活♪

スペイン・ヨーロッパ情報 妊婦・育児 妊婦体験談

出産予定日前の検診、これって陣痛!?お腹ガンガン揺らされ、夜中4時に家に送り返された私達

更新日:

国際結婚して海外(スペイン)に住んでいる私です。

日本で妊婦の体験をした事がないので、日本での病院実体験はないのですが

私の妊娠体験済み友達や先輩方の話と比べながら・・・

感じた事を勝手に書いてみました!




 

世界・ヨーロッパの中でも医療は高い技術を持っている国なので

病院での検診は基本的に信頼していますが・・・

なんといっても、今回が初体験なので

驚くことも学ぶこともいいっぱいです!

 

pregnant-woman-1130612__180 (1)
 

出産予定日は数日後・・・

こんなギリギリの妊娠後期な私です。

 

10日前にあった検診では、内診(先生が直接指を入れて産道の開きを確認)があって

(この時が初めての直診でした、日本では妊娠後期毎週やるとか?)

「赤ちゃんはまだまだ上にいるね・・・産道もまだしっかり閉まっているし」

 

と、言われたのでまだまだ来ないなぁ~と言う感じでリラックスした

1週間を過ごしていました。

お腹は少し張る感じはあったけど、特に痛いとか出血とか・・・

大きな症状は全くなく

家事はしっかりできるし、お散歩もまずまず♪

 

そして、39週目と5日の昨日・・・

赤ちゃんのモニターをするからと

お腹に検査機を当てて、赤ちゃんの心拍を聞きながら陣痛の有無を測りました。

 

お腹がキューっと縮む感じ、張りは頻繁にあってたので

「陣痛来てるねぇ~。」

そっかぁ、これってもう陣痛なのかぁ。。。

と、思ってたのと違うなぁと感じながら家に帰り

 

日本にいる母へ検診の話をしました!

母も、「それただの張りでしょう!?」って言ってましたが(笑)

私も母に同感でした。

 

そうそう、モニタリングをしている時に約1時間程ベッドに横になっていたので

ウトウトしてたんです。

看護婦さんが時々回ってきて、チェックしてたんですが

 

「なに!?寝てた?

ママが眠ってるから、赤ちゃんも眠ってるじゃないの!」

と言って、看護婦さんが私のお腹を両手で挟みガンガンに揺らしてきました!!

「赤ちゃん起きてぇ~」って・・・・

 

うそ!

結構激しく揺らしてたけど・・・

ちょっとびっくりしました。

 

そんな検診(モニタリング)と結果を聞くまでの待ち時間がすごく長くて

疲れ果てた半日でした。

 

その日の夜・・・

椅子に座っていると今までに感じた事のないお腹の中の痛み

電気が一瞬走ったような。。。本当に一瞬だったのでなんだぁ?

という感じだったのですが、

その後、腰がずしーんと重くなって(生理痛のような)

 

あっ、これこれ聞いてた陣痛の始まりなんだろうなぁ。と!

 

体はだるく、お腹の張りも激しくなってきました。

キューっと縮むと痛いけど泣き叫ぶような程でもない・・・。

陣痛は波がある!

と、言いますが・・・(スペインでは、山があると)

その波がよくわからず、ずーっと腰が痛くだるい。

これって、陣痛でいいの!?

 

ちょっと不安になった私と旦那は、スペインの義理の姉(出産経験者)に

電話・・。

夜の12時!

 

痛みは軽いけど、陣痛っぽいのはわかる・・・

でも、波とか痛みの間隔がはっきりしないの・・・

 

通常初産なら、陣痛の間隔10分になったら病院へ連絡・訪問

2度目以降なら間隔5分・・・

 

この陣痛は、本当に痛いんだと思っていた私は・・・

これって本陣痛?って疑問を解決したかったのですが

とにかく痛みの度合いよりも間隔が大事だから!!

間隔を測るようにと、義理姉に言われて

夫婦で携帯アプリ(陣痛来たかも!)を使って測り始めました。

 

そしたら、間隔はすでに3分から5分・・・

頻繁にくる軽い痛み

疑問に思いながらも病院にいつでも行けるように着替えて

痛みが強くなるなら行こうか?と旦那と話していました。

 

夜中の12:40

 

都会に住んでいるので車をもってない私たち・・・

陣痛来たらタクシーいつでも呼べるように準備はしてたのですが

 

「私歩けるよ。」

 

地下鉄で3駅・・・まだ、地下鉄空いてるし

そんな気持ちで、病院に向かい始めました。

 

3分おきに陣痛はきながらも

「あっ、今きてるよ・・・」「おさまったよ」

体力も忍耐力も人並み以上にある私ですが

なんとも普通の会話ができる私・・・

 

旦那は、

「なんか拍子抜けなんだけど、映画とかじゃもっと

ぎゃー、わぁー破水だ、陣痛だ、と慌てて病院に行ってるけど・・・」

 

「地下鉄の中で破水したらどうする?」「こんな夫婦いるのかなぁ?」

 

う・・・ん。まだ今夜は産まれないのかなぁ?

 

夜中1:30 地下鉄で移動

病院到着→救急口から入り

 

旦那「病院ついたら、もっと痛そうな表情したほうがいいかも」

痛そうに練習する私・・・

 

検査を受けると、直診でまだ産道は開いていないと言われ

再びモニタリング・・・約1時間

(夜中3:30~)

ベッドでウトウトする私・・・。

 

陣痛は3分おきに機械でも表示された。

 

モニタリング後に看護婦さんが

陣痛は定期的に来てるから・・・と、再び直診するもも

「まだだね、一回家に帰ろうかぁ」

 

陣痛が来てるけど、赤ちゃんが出る気配はないのでと・・・

私達は家に帰る事になりました。

 

いつも言われていいる事だけど

  • 破水したら
  • 多量の出血したら
  • 陣痛の間隔が10分おきになったら(定期的に1時間以上)
そしたら、病院に来てね!

って看護婦さんに言われました。

すでに3分おきに陣痛があるのに・・・

 

「もっと痛くなりますか?」

なんて、平気で聞いちゃう私・・・

「痛みが強いのと間隔が3分くらいに短くなったらね!」

 

結局、今夜はまだ産まれなさそうなので夜中の4時に帰宅です。

(帰りはタクシーで帰りました)

 

なんか、痛みが強くなってきている気もする私ですが・・・

まぁ出産の為に今は寝なきゃ・・・

 

ずーーーっと待ってた旦那のほうがヘトヘト・・・

真っ赤な目をして、帰宅するなりバタンとベッドへ!!

こんな旦那さんに感謝・・・

 

Sponsored Link


 

私は眠くなかったので、この夜中の事を母にメールで報告しました。

母から返ってきた言葉は・・・

「障子のさんが見えなくなるほど痛くならないと産まれないよ!」

・・・と。。。(笑)

そうだよねぇ、小さいとは言え私の体からチビ人間が出てくるんだもん!

もっと痛いよねぇ~。。。

 

まあ、今回は色々と学びました(笑)

旦那は、結構緊張していましたので・・・いい心構えになったのでは!?

 

今夜か明日か・・・

今も小さな陣痛は頻繁にある私ですが

のたうち回るような陣痛が今後くる事を覚悟して・・・

時を待ちたいと思います。

 

痛いのは怖いけど、赤ちゃんに会えるのが楽しみ♪

Sponsored Link
Sponsored Link

-スペイン・ヨーロッパ情報, 妊婦・育児, 妊婦体験談

Copyright© バイリンガル子育てママのグローバルライフ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.