バイリンガル子育てママのグローバルライフ

スペイン人パパ・日本人ママ、夫婦での会話は英語!バイリンガルならず、トリリンガル子育てとその家族生活♪

妊婦・育児 新生児

母乳はいつから出るの?赤ちゃんの吸い方と旦那の吸い方に違いはあるのか?母乳の仕組み!

更新日:

初めて妊娠した人なら誰でも疑問に思うでしょう。

「いつから母乳が出るのか?」

様々な育児本・サイトに書いてあるのが

産後赤ちゃんがおっぱいを吸い始めてから・・・

 

・・・と、何とも曖昧な答え。

「ふ~ん。妊娠中はでないんだぁ」

 

ここで、さらなる疑問は

 

なんで「赤ちゃんが吸い始めてから?」

「旦那が赤ちゃんの代わりに吸ったらどうなる?」

今回は、そんな疑問を解決していきたいと思います。

 

baby-21167__180
 

母乳が出る身体のメカニズム

 

単純に「赤ちゃんが母のおっぱいを吸い始めてから」

と聞くと・・・

出産前に、「他の赤ちゃんまたは誰かおっぱい吸ったらどうなる?」

※デリケートな部分なので頼めるのは旦那さんくらいですよね(苦笑)

って、思いませんか?

 

実は、おっぱいを吸う(物理的な刺激)よりも

母の体で起きているホルモンの働きが母乳スイッチを押しているようです。

 

まれに、妊娠中でも絞ると母乳が少し出る(染み出る程度)事もあるようですが

この場合は、今から説明するホルモンの働きで体が反応している稀なケースだと

言えるでしょう。

2人目の出産の母親は、出産前にも母乳が出るかもしれませんね!

 

私は、初産で出産直前まで何度か圧力をかけてみましたが・・・

母乳が染み出る気配はありませんでした。

 

母親の身体に起きるホルモンの変化

 

女性が妊娠をすると女性ホルモンが増える事は、有名ですよね!

この女性ホルモンをエストロゲンプロゲステロンとを言います。

もちろん、妊娠していない女性でも女性ホルモンが生成されています。

この2つの女性ホルモンがバランスよく身体に生成されることで

女性らしさ、妊娠する仕組みが整うわけです。

 

妊娠することによって、この女性ホルモンが増加

丸みをおびた体(女性らしさ)を保ち

母乳を作る乳腺を発達させ

子宮を大きくして胎児を守っているのです。

 

妊娠している間は、この女性ホルモンが増加し続けますが

乳腺を発達させるエストロゲンは母乳の分泌を抑える働きがあります。

 

つまりこのホルモンは、妊娠中母乳を作る体の工場のみを発達させ

分泌(母乳の配達)の扉はしっかりと閉めているわけなのです。

 

妊娠中に増加したエストロゲンとプロゲステロンは、

出産と共に急激に減少します。

※胎盤に多量に溜まったエストロゲンが体外へ排出!

エストロゲンが閉じていた扉は少しづつ開き始めます。

 

プロラクチンと母乳の関わり

 

それとともに、ホルモンの選手交代!!

エストロゲンが妊娠中はあるホルモンの働きを抑えていたのですが

そのホルモンの名称が「プロラクチン」です。

 

このプロラクチンは、脳に母乳を生成するように伝達する働きがあります。

赤ちゃんが母の胸元でおっぱいを吸うしぐさを見て

母体は、このプロラクチン(ホルモンが生成)を脳に送り

母乳の生成を促します。

この働きによって、脳から指令を受けた「オキシトシン」

母乳を押し出す働きをするのです。

 

このような様々なホルモンの働きが母体から

母乳を作り出し、分泌するまでのお助けマンとなっている訳なのです。

 

助産師の助言には科学的理由があった

 

助産師
出産後30分以内に赤ちゃんにおっぱいをくわえさせると母乳の出が良くなるのよ!


 

これは、分娩時にプロラクチンの生成がピークに達するからです。

 

胎盤が体外に出て、エストロゲンが減ることによりプロラクチンが

100%働けるようになり、分泌量も最高値ですから

この時に母親が赤ちゃんに母乳を飲ませる(しぐさ)を見ることで

脳から多量のオキシトシンが分泌されることになります。

※この時は、産後直後で母乳が出る・出ないは特に重要ではなく

母乳を与えるしぐさ、乳頭への刺激がホルモンを活性化させるのです。

 

産後母乳が出なくなるのはなぜ?

 

助産師
何らかの理由で授乳を中断すると母乳がでなくなるよ。


 

授乳を中断すると、物理的な刺激がないことからプロラクチンが減少します。

脳への伝達がいかなくなるということは、母乳を分泌させるオキシトシンも分泌されなくなるのです。

 

もちろん一時的に母乳の出が悪くなっても、

再度母乳を飲ませる事でホルモンの働きが復活します。

授乳を中断した時でも、搾乳器などと使用して定期的に母乳を出すことで

授乳の再開が楽になります。

さらに、急に授乳をやめると乳腺が詰まって乳腺炎になる可能性もあるので気をつけましょう!

 

助産師
母親がストレスを溜めると母乳の出が悪くなるわぁ。リラックスして考えすぎないことね。


 

すべてのホルモンの働きは、母体から分泌されるものです。

外出していても赤ちゃんの事を考えると勝手に母乳が出てくるのも

このホルモンが働いているからなのです。

そのため、母親がストレスを抱えると母の気持ちが乱れ

うまくホルモンが生成されない為、悪循環が起きてしまうのです。

 

これらの妊婦・産後のママに働きかけるホルモンは

「幸せホルモン」とも呼ばれるくらい、母を幸福を感じさせるのだそうです。

 

※余談ですが、男性にもこのエストロゲンがあることはご存知でしたか?

 

男性にも女性ホルモンが出ていた?

 

女性ホルモンはエストロゲン

男性ホルモンはテストステロン

この性別によって違うホルモンについて少しお話ししましょう。

 

エストロゲンは、卵巣と腎臓から分泌されます。

テストステロンは、睾丸と副腎から分泌されます。

それぞれ、男女によって持っている器官が違いますが腎臓と副腎ともに

持ち合わせる器官です。

 

ここからですが、微量ではありまずが男女ともに分泌されているのです。

 

エストロゲンは主に丸みを帯びた脂肪の多い体質、髪の毛のつや

テストステロンは筋肉質な体質、体毛に関係してきます。

 

幼少時から大人になるにかけて体が変化していくのも

これらのホルモンが大きく関係しているからなのです。

また、10歳以下、50歳以上だと

男女ほぼ同じ量のエストロゲンが出ているという研究結果が出ています。

 

妊娠中、旦那が母乳を吸うとどうなる?

 

上記の母乳が分泌されるメカニズムを理解していただければ

 

母体の中で起こるホルモンの働きが母乳に大きく関わってくるのが分かります。

 

物理的・精神的な刺激によってホルモンの分泌量は変わってきますので・・・

例えば)

目を閉じて赤ちゃんが母乳を飲んでいるのを想像する



実際に乳首を吸う刺激を与える

事により、プロラクチンが分泌してもおかしくありません!

 

しかし!!

 

出産前、胎盤の中ではエストロゲンがマックスに働いていますので

どんなに旦那が吸っても母乳は出ないわけです。

 

※ちなみに、私は妊娠後期になって夫婦共々疑問だったので

旦那に赤ちゃんを真似して吸ってもらったのですが・・・・

母乳は出ませんでした。

妊婦36・37・38週目各週ともに、旦那の返事は

「まだ・・・」との事でした。

 

Sponsored Link


 

では、出産後・・・・

個人差はありますが、授乳中の方で赤ちゃんが飲み終わっても

残乳が多くて困る、勝手に漏れるという話も聞きます。

 

あまり面と向かって公表している人は少ないですが・・・

このような時に旦那さんの出番です!

母親自分では、なかなか口がとどきませんからね(笑)

もちろん、搾乳器を使う手もありますけど・・・

 

男性の中でも興味を持っている人は多いようです。

それを実現させるかどうかは別の話ですが

いくつか、旦那に残乳を吸ってもらった(または旦那が希望した)

話を紹介してみたいと思います。

 

赤ちゃんと旦那の吸い方

出産後、母体のホルモンの働きが大きく変化し

オキシトシンが生成した母乳を押し出そうとしています。

産後直後は、初乳と言われるやや黄色がかった母乳が少量出ます。

個人差(初産・2人目以降)が大きいですが、産後1~2週間ぐらいすると

十分に母乳が出るようになります。

と、言うことは赤ちゃん以外の人間が吸っても出るということですよね!

しかし、

私が聞いた話では旦那さんの吸い方は、大人である為

力強いものの・・・赤ちゃんよりも吸い方が下手なのだそうです。

牛の乳しぼりを思い出してください!

と、言っても体験したことがある人の方が少ないとは思いますが

素人がやっても簡単にミルクが出るものではありません。

牛の乳にも搾り方のコツがあるように、

人間の母乳も吸い方にコツがあるのです。

赤ちゃんは産まれて来た当初は

うまく母乳が吸えない事が多いです。

(もちろん誰も教えてませんから・・・)

しかし、本能とは素晴らしいもので生きる為に必要な

母乳を摂取する為に自然と学んでいくものです。

2~3日で、赤ちゃんの飲み方もうまくなり

母体も完全に母乳が提供できる状態が整います。

関連記事:母乳の飲ませ方:生後15時間で入党を上手にくわえさせた方法とは?

赤ちゃんはドナルドダックのように口を尖らせ

舌も上手に使って下あごを動かしながら絞り出すように吸います。

しかし、大人はストローで液体を吸う感覚で

母乳を飲もうとするので赤ちゃんのようにうまくは母乳が出てきません。

何度か繰り返して行っていけば、コツをつかむことができるかもしれません。


実体験

百聞は一見に如かずです!

妊娠中は、どんなに吸っても出てこなかった私の母乳ですが・・・

生後2週間が過ぎた頃からは、授乳中は逆の乳から漏れ

夜中は(ホルモンの働きが盛んになる)母乳パットからも漏れだす勢いで

母乳の生成は十分すぎるほどでしたので、旦那でも簡単に母乳を吸うことが出来ました。

しかし、やっぱり赤ちゃんとは刺激が違います。

旦那の恥じらいもあるのでしょう・・・(笑)

がっつり乳輪まで加え、舌も上手に使う赤ちゃんとは違って

旦那は、乳頭を吸引するだけでしたので出はイマイチだったと思います。

母乳の味:旦那の感想

母乳の味は、匂いはなく牛乳よりもだいぶ薄く甘いです。

もちろん母親が食べたものによって味も変わってくるのでしょうが・・・

個人的には脂肪分がかなりある母乳だと思います。

旦那の感想では、甘くてまずくはないけど・・・

とても薄味なので好んで飲みたいとは思わないらしいです!

残乳の活用方法は?

コーヒーに入れてみたけど・・・

コーヒーの味に負けてミルク感まるでなし!

フレンチトーストを作ってみた・・・

これは行けます!!

甘味があるし、パンにしみ込んだミルク感は問題なし!

食べてても言われないとわからないと思います。

プリンを作って・・・(旦那が面白がってプリンにしよう!って)

けど、作ってません(笑)

母乳子育て(体験談)

出産して、産まれたての赤ちゃんを胸元に置かれ・・・

感動のあまり号泣している時 ふと母乳のメカニズムを思い出した。

今、私はお乳をあげるべきか(でなくても、くわえさせる)

看護婦さんに頼むべきか!?

そんな、疑問が私の頭によぎったが・・・

それを優先する余裕はなかった。

私のプライベート部分の縫合が終わり、分娩室から少しずつ医者がはけていった頃

一人の看護婦さんが、

「授乳してみますか?」

と、訪ねてきた。

迷わず、寝たままの態勢で授乳に挑戦してみる。

私も我が娘も授乳初体験・・・

看護婦さんが私の乳を小さな娘の口にくわえさせようと一生懸命だった。

結果、乳はまだ出ていないようだし

娘も何をやられているのかわかっていない様子。

この後、私の乳が上手に出るようになればいいなぁと願いながら分娩室を後にした。

その後、病室で再び授乳にトライ!!

看護婦さんに教えられるように頑張ってみるものの

私の乳首が大きいのか口に上手にはまらない様子・・・

小さな小さな娘が懸命に口を開けている

しかし、乳は出ず

それから数時間後、看護婦さんの検査で

私の母乳が出始めている事がわかる。

後は、娘が上手に飲んでくれるようにサポートするだけ・・・

何度か一人で試してみた。

看護婦産さんがくれた、小さなシリンジに入ったミルクを娘の口に数滴入れ

その隙におっぱいをくわえさせる・・・

ミルクの味をおっぱいを連携させるためだ・・・

私の乳首よりも小さ目の口に入りやすい哺乳瓶の先の部分を渡されたが

私はあまりそれは使わなかった。

母乳で育てたいから、プラスチックの製品で練習させるのは遠回りだと思ったからだ。

そして、4回目の挑戦

生後18時間後に我が娘が、コツをつかんだ!!

びっくりするくらいの吸引力で私のおっぱいを吸い始めたのである。

この小さな体にして、この力・・・恐るべし!!

想像以上で驚くとともに、本当に痛かった。

おっぱいは、量はたくさんではないもののちゃんと出ているようだった。

2~3時間起きの授乳・・・

毎回上手に飲めるわけではないので、お腹がすいておお泣きする娘!

新人ママの挑戦は続く!


まとめ

母乳が出始めるのは

「赤ちゃんが吸い始めてから・・・」

という表現をしますが、正式には出産後の母体のホルモンの変化

物理的(赤ちゃんがおっぱいを吸う)刺激で母乳の分泌が開始される

と、言うことになります。

よって、妊婦さんのおっぱいを別の赤ちゃんが吸っても

旦那さんが吸っても出る可能性は低いです。

産後、母乳の分泌が始まっていれば旦那さんでも

可能だってことですね!

赤ちゃんの方が舌と下あごを上手に使って乳しぼりをしているようで

旦那さんは、吸引力だけで吸うので

お乳の出はあまり良くないようです。

練習すれば上手になるのでは、ないでしょうか?

残乳に困った時は、旦那さんに頼んでみてはいかかでしょうか?

Sponsored Link
Sponsored Link

-妊婦・育児, 新生児

Copyright© バイリンガル子育てママのグローバルライフ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.