バイリンガル子育てママのグローバルライフ

スペイン人パパ・日本人ママ、夫婦での会話は英語!バイリンガルならず、トリリンガル子育てとその家族生活♪

妊婦・育児

育児のイライラは子供に大きな影響!?NOと言わない教育方法とは?

投稿日:

結婚して、出産して・・・家族が増えて本当に幸せ♪って時期も

いつの間にか育児に追われて「幸せ」の気持ちが薄れている方は多いのではないでしょうか?

育児しながらも仕事がしたいと言う女性は増えています。

経済的に、共働きにならざるを負えない家庭も多いでしょう。

 

でも、会社で抱えたストレスをもって帰宅して

家事&育児&旦那の不始末にイライラ・・・

 

4f4a54e09e6c0d85aad10796aff01996c396cdb9_l
出典 conobie.jp

 

育児のイライラは当たり前!?

 

あなたのイライラは、子供も感じとっています。

そのイライラは、

 

「魔のスパイラス!」

 

で、未来のイライラを増やしているんです。

 

自分がイライラしてしまう理由を考える

 

こんな悩みを抱えているあなたに質問です!

「なぜ、イライラしてしまうのですか!?」

 

答えは様々あるでしょう・・・

しかし根本的な理由は、これ なんです!

 

私の例えでお話ししましょう。

 

<20代前半で気付いた自分の裏と表の顔>

 

学校の友達・サークルの友達に対して、あまり怒りを感じたことが無い自分でした。

温和な性格か?と言われるとそうでもないと思います。

 

昔から、負けず嫌いで・自分をしっかりと主張したいタイプ!

 

しかし、友人の前だとお面をかぶって

「いい子ぶって」生活している自分がいたのです。

 

それに対して、家族や恋人には

なんだか強く当たってしまう・イライラしてしまう!

そんな自分が嫌だなぁと思ったのがきっかけでした。

 

ここで、私は考えた(自問自答)

「なぜそんなにイライラしているのか!?」

 

 

ある日の事

夕方から雨が降ってきて洗濯物が外に出しっぱなしになっている事を思い出します。

しかし、彼氏さんが家にいるはずだから・・・「きっと、取り込んでくれているはず」

期待していたのは大外れ!

洗濯物は私が帰宅した後もびしょびしょに濡れていました。

 

疲れ&洗濯物が濡れたショック&期待はずれ

で、私はイライラモードです。

そして、彼氏さんになんで取り込んでくれなかったのかと

責め立てます!

 

しかし、考え方を変えてみてください。

雨が急に降ってきたことは、誰にも罪のないことで

怒っても仕方のない事です。

 

 

もし、家に誰もいなかったら?

雨が降った時点であきらめてますので

無駄な期待がありません。

 

仮に、たまたま家に友達が遊びに来ていたら?

洗濯物に気付くと期待しますか?

その友人の仲良さ度にもよりますが・・・

あまり期待はしないでしょう。

 

何が「イライラ」させるのか?

 

期待していた事がそうならなかった時に

人間はついついカーッとなったり、イライラしてしまうのです。

 

家族や恋人とは、親密な関係ですから

一緒にいる時間も長いでしょう。

仲を深めてくと共にお互いの情報が増えていきます。

さらに、相方は自分の事を理解している!と考えるようになります。

しかし、家族であろうと恋人であろうと・・・

自分のコピーロボットではない、別の人間なんです。

 

ここで、

「自分の誕生日を覚えていなかった!」

「部屋をいつも散らかしている!」

「メールの返事が返って来ない!」

「休みなのに、どこにも連れて行ってくれない!」

 

こんな上記のことが、イライラの原因になってしまうのです。

上記全てあなたが恋人に対して、どれだけ期待しているか!?

と、イライラ度は比例している事でしょう。

 

そう、つまり・・・

イライラしてしまう原因って、あなたの勝手な期待する気持ち」

が原因なんです。

 

浅く付き合っている友人に怒る事が少ないのは

その人たちに期待をしていないからなんです!

関係が深くなればなるほど、相手に対する期待は大きくなります。

これが、喧嘩するほど仲がいい・・の原理です。

 

イライラを減らす対処法とは?

 

イライラする原因が、わかったらこの対処法はとても簡単です。

あなたの期待度を下げてあげればいいんです。

 

sdf
出典 lovemo.jp

 

今回のテーマは、恋人ではなく「子供」でしたよね。

子育てに関してのイライラですから・・・

ターゲットを子供に戻していきましょう。

 

どんな年齢でも、育児には悩みがつきものです。

しかし、自分の理想とする我が子像と現実の違いから

育児に対して、わが子に対してイライラしてしまうのです。

 

まず、やっていただきたいのは

「自分にも子供にも完璧を求めない事!」

 

これは、とっても大事なことです。

仕事と家事を両立して全てを完璧にしようと思うのは、

自分自身をとても過信しているし、自分にプレッシャーを与えすぎです。

 

うまく両立できない、時間が足りない!

このあなたが自分自身に対する期待に応えられないから来る

「イライラ」!これは、とってももったいないです。

そんなに、起こる必要もないところでストレスをためないでください。

 

ちょっと洗濯物が溜まっていても仕方がない

仕事で遅くなったから、ちゃんと料理が出来なくても仕方がない

子供が小さいから、ちょっと家が散らかっていても仕方がない事でなんです。

 

※自分を責めないでいいんです!

 

Sponsored Link


 

子供に対しても、年齢に合わせたレベルを忘れないでください。

 

新生児は泣くのが仕事!=泣いて当たり前

乳児は、興味津々=動き回る・触りまわるのが当たり前

言葉を覚えたら使いたい=やりたい事・やれる事の喜びを感じたい

 

年齢によって、子供の表現能力・好奇心は違ってきますが

子供は、常に何かに興味をもっています。

この好奇心を親の理由でつぶさないようにしましょう。

 

お絵かきしたい・ママのお手伝いしたい!

色んなもの食べてみたい・触ってみたい!

 

子供は何も知らないから、100%のパワーで前進しています。

「間違った事」「あなたのしてほしくない行動」

に対して、子供を責めないでください!

彼らは、まだ「いい事・悪い事」を大人のように理解していないのです。

 

あなたの決めるルールを少しずつ学んでいくのが子供ですから・・・

始めから大きな期待を持たない事!

「何度言ってもわからない!」

「何度も同じこと言わせないでよ!」

と、思っているお母さん!

何度言っているつもりでも、きっと伝わっていないんです!!

言い方・やり方を変えてみましょう。

子供には、ちゃんと理解できるように言えてなかっただけかもしれません!

 

イライラが子供に与える悪影響とは

 

両親が常に怒鳴り合っている、

こどもに対して、笑顔が少なくいつもイライラしている!

こんな環境では、子供は恐怖心を感じてしまいます。

 

この恐怖心は、子供の最大の魅力である

「好奇心で成長する!」

事の妨げになるのです。

怒られるから、やらないでおこう

怒られるから、言わないでおこう

 

 

子供のやりたい気持ちを打ちのめしているのは教育者である両親です。

笑顔が少ない・褒められない事が当たり前な環境で育った子供は

幸せを知りません。

自分がもらっていない愛情を人にあげる事は、到底難しいでしょう。

 

自分の殻に閉じこもった、自己中心的なこどもになってしまう可能性があります。

 

images-21
出典 www.e-sunaturals.com

 

子供の時に、両親からもらう愛情ほど大切なものはありません。

子供に、イライラではなく愛情をあげてください!

 

NOと言わない教育方法とは?

 
  • 子供が危ない行動をしている時
  • 触って欲しくないものを手に取った時
  • 子供が希望するものを与えられない状況の時
 

大人は、「NO」と言う言葉を使います。

もちろん、子供の安全・健康を考えてのことです。

 

なんでもOK・いつでもOK・どれだけでもOK

なんてわがままな子供の教育を進めている訳ではありません。

 

私が両親に大事にしてほしい事は、

しっかりと理由を添えてあげる事です。

 

病院やレストラン・電車で走り回る

この行動をしている子供に対して、

「静かにしなさい!」「ここに座っていなさい!」

これだけで、終わらせていませんか?

 

子供には、なぜダメなのかが理解できていないはずです。

 

年齢に合わせて理解が出来る、説明をしてあげる事!

出来れば、悪い行動が出る前に話をするのがポイントです。

 

<例えば、レストランに家族で行くとします。>

 

3~4歳の子であればしっかりとお話しが聞けるはずです

もう、出かけると決めている場合でも

ママ
レストランでおいしい物みんなで食べに行こうか?

子供ちゃん
うん!


と、まず子供の好奇心をそそります。

そして、行きたいかどうかを聞いてみてください。

※ここは、行きたいと言うよな誘導尋問で!

 

そこで、ルールの説明をします。
ママ
大きなレストランは、おうちと違って他のみんなも一緒にお食事をする場所なの


ママ
〇〇ちゃんが食べ終わっても、みんなが食べてたら走り回らないで座って待っていられるかなぁ?


子供ちゃん
・・・・。


ママ
〇〇ちゃんが上手にお約束守れたら、ママすごく嬉しいなぁ


子供ちゃん
うん、できるよ!


 

遊んで欲しくないものをおもちゃにしている時

両親のスマートフォン・机の上のリモコン・・・

壊してほしくないものって、身近にあったりしますよね!

 

これを返してほしい時、に使う方法!

言葉がまだ通じない1歳前後の子に対して

 

➡遊んでも大丈夫なおもちゃで、気を引いてください。

ママが遊んでいるときっとそれを欲しがります。

 

※始めから、スマートフォン・リモコンを取り上げようとするのはNG

 

ママ
交換っ子する?


 

ママが欲しい物と子供が欲しい物と取り換えてあげる事!

その前に、必ず子供の欲しがるターゲットを作る事!

 

話が分かるようになっている3~4歳の子供に対しては、

レストランの時と同じように、ちゃんと説明をしてあげます。

 

それでも、嫌だと言った場合は、

 

ママ
ママとっても悲しいなぁ。それ、壊れちゃったらパパに電話できなくなってしまうけど、それでもいい?


 

かたくなに、嫌だと言う場合は

ママ
ママのお願い聞いてくれないなら、これからママも〇○ちゃんのお願い聞いてあげられないよ。ごめんね。


 

と言って、その場を離れます!

子供は、きっと寂しくなり泣くでしょう。ここをぐっと無視!!

子供の出方を見てみてください。

もう一度、話したらちゃんと自分で返してくれます。

これが日々の繰り返しでできていれば、同じようなパターンですんなり理解が出来るようになります。

 

日々の繰り返しが、教育なんです!

一日で完璧にしようなんて無理!

既に、ママががみがみ叱るようになっていれば、叱る事に慣れてしまっています。

全てにおいて、始めがとっても大事です。

しかし、これからでも毎日頑張れば子供の教育の仕方はどれだけでも変えられます。

既に子供が6~10歳になっていても、今日から少しずつあなたの言動を変えてみてください!

 

おもちゃが欲しいと泣き叫ぶ!ディズニーランドに行きたいと駄々をこねる

 

まず、このような行動を起こすのは少し大きくなってからです。

と言う事は、ある程度の家族(ママが教えた)ルールを知っているはずです。

 

まずはなぜ(おもちゃ等)欲しいのか聞いてみてください

 

ママ
なんでこのおもちゃが欲しいの!?


子供ちゃん
だって、お友達も持っているもん!


ママ
あっ、本当?いいねぇ。でも、〇○ちゃんが持ってるあのおもちゃお友達もっていないんじゃない?


子供ちゃん
・・・だって!


ママ
今日は買ってあげられないのごめんね!でも、〇○ちゃんがあれできるようになったらご褒美でパパにお願いしようか?


 

欲しい・やりたい事の理由をはっきり自分の口で言わせる事!

その時ではなくても、ご褒美として買える・(ディズニーランド等に)行ける機会を提示してあげる!

いつでも、なんでももらえるのではなく

何かママのお手伝いをした時、お片付けが上手にできるようになった時

の為に、ご褒美はとっておくと効果が出ます。

 

スーパーマーケットに行くといつも、おもちゃがもらえる!

と言う習慣を作るのではなく、何かお手伝い・ママのお願いをした時に

おもちゃがもらえる!と言う習慣を付けるといいでしょう!

 

まとめ

子供は、親を見て育ちます!

イライラは、家族みんなに伝わりますのでできるだけ

リラックスできる・温和なムードを保つのが子供にいい影響を与えます。

 

自分にも家族・子供にも期待をし過ぎず

たまには「仕方ないかぁ」と考えるのも、自分の為です。

 

子供には、理由をつけて説明してください。

会話ができるなら、まずは子供の意見に耳を傾けてください。

否定ばかりするのではなく、肯定できるものを提示してあげましょう。

 

子供が欲しい物は、ママのお約束が守れている時に

あげる習慣を付けていくと今後の教育に効果的です!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link
Sponsored Link

-妊婦・育児

Copyright© バイリンガル子育てママのグローバルライフ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.