バイリンガル子育てママのグローバルライフ

スペイン人パパ・日本人ママ、夫婦での会話は英語!バイリンガルならず、トリリンガル子育てとその家族生活♪

日本での話題 生活・健康・美容

エスポルール新発売で復活!100均ネイル本当に大丈夫!?中国で製造しても日本製と表示できる裏技とは?

投稿日:

100円均一の大手会社ダイソーで、大人気だった「エスポルール」のネイルポリッシュ!

2015年の8月に発売され、100円でありながらも多種類の色を取りそろえている事で

若い女子を中心に、たちまち人気になったこのエスポルールです。

 

esporu
出典 aichiko.jp

 

2015年エスポルールで「ホルムアルデヒド」検出を振り返る

 

株式会社大創産業(本社:広島県東広島市、社長:矢野博丈)から発売されたのは

2015年の8月のことです。

しかし、製造販売会社である株式会社セントラル・メディック社の自主検査により

国内で配合してはいけないとされている発がん物質「ホルムアルデヒド」が検出されました。

148商品のうち76商品おおよそ半分の商品から、「ホルムアルデヒド」が検出されたとして、

発がん性物質の検出されなかったものも含め、全商品製造中止・商品回収・返金

の対応を決定したのです。

 

しかし、ここで疑問ですが・・・

 

なぜ販売前に検査をしなかったのか?

製造販売会社である株式会社セントラル・メディック社が行った検査によって

この「ホルムアルデヒド」が検出されている事が発見されました。

 

以前、少女習慣雑誌りぼんの付録のネイルポリッシュにも

これと同じ発がん物質「ホルムアルデヒド」が検出されているが・・・

これが発見されたのは、消費者センターからの被害届が原因です。

 

このネイルポリッシュを使用した消費者の爪が腫れる、変色すると言った

報告が上がり、製造販売会社で再検査をしております。

 

この会社は、事件の報告書にて

「発売前の検査では問題はなかった」と、報告しています。

再検査によって、いくつかの商品からこの物質が検出されたとのことですが・・・

同じ製造会社、同じ過程で作っている物が結果が変わってくることに疑問も抱きます。

 

ネイルポリッシュだけでなく、全ての商品において消費者の安全を守る為

発売前の検査は必須のはずです。

と言うと、このエスポルール商品も発売前の検査では問題はなったとなるのでしょう。

 

検査のによって結果が違うのはなぜ?

発売前の検査では、問題なった物が・・・

発売からたった2ヵ月で全て回収すべき必要があると判断された理由として

商品を製造する過程の途中で

製品い含まれる一部の素材から徐々にこの毒性物質が遊離・溶出した

見解を述べています。

 

と、言う事は製造に使用している機械もしくは関連素材に問題あると言う事ですよね。

奥が深いですが、このようなことがあり得るのならば

消費者の立場から考えると何を信じて商品を購入したらいいのか不安になりますよね。

 

名前を変えずに、日本製として新発売になった訳

 

koko
出典 maquia.hpplus.jp

 

発売から大人気の商品がたった2ヵ月で、回収された!

こんなお騒がせで、実はこれで「エスポルール」の名前は売れました。

良いイメージではけしてないけれど・・・

 

マーケティングにおいて、

新商品の名前を売る事は一番大事なことです!

どんなにいい商品・製品でも商品名・メーカー名を覚えてもらわなければ

意味がありません!

ここで、大手会社はたくさんの広告を出し、雑誌に載せ・・

 

このようなマーケティングに大金を費やします。

 

しかし、

 

今回の場合は!?

イメージダウンにつながったものの「エスポルール」の

知名度は一瞬にして上がりました。

 

現在の消費者の傾向は2つに分かれています。

 

タイプ1:値段よりも、いい商品・製品を求める消費者(ある程度収入のある人々)

タイプ2:とにかく低価格にこだわる消費者(学生・若者)

 

このように、タイプ1の消費者に対しては、

このエスポルールの商品は魅力的だとは言えないでしょう。

 

しかし、本来この商品は

100円ショップダイソーで売られている物ですので

タイプ1の消費者向けではないのです。。。

 

よって、もともとこの100円のネイルポリッシュ!「エスポルール」の商品は

ターゲットがタイプ2の学生や若者であるため

このように、「日本製」として、安全だと表示をすることで

再び消費者が飛びつくと予想しているのだと思います。

 

実際に、この全品回収・販売停止はかなり惜しまれました。

再発売を期待していた消費者はたくさんいるはずです!

 

つまり、名前が売れている以上新発売で問題ない!との決断です。

商品にも、レシートにも「日本製」である事を大きく表示してあります。

 

japan
出典 news.livedoor.com

 

日本製の定義とは!?

今回、1年かけての復活を遂げた100円ネイルポリッシュ「エスポルール」

ですが・・・何が変わった!?

って、「日本製」を強く表示しているところです。

 

Sponsored Link


 

前回のが日本製ではなく、「ホルムアルデヒド」が検出された事で

問題となった商品ですので、それを解決する方法として

品質をあげる・安全面での改善に力を注いだのでしょう!

 

ここでちょっと豆知識♪
ドラえもん
日本製ってことは、全ての工程は日本で作られている物だから安心だよ♪


ドラミちゃん
それは、違うよ!


 

実は、消費者の中には

「日本製」を完全に安全なものだと考えている方もいるかもしれませんが

実は他の国で、ある工程を行って日本にその製品を輸入し

最後の工程・検査・ラベル張りを行っただけでも

「日本製」と表示することが可能なんです。

 

この定義は、とっても微妙なところで・・・

作っている素材が全て外国からの輸入であっても、日本で組み立てれば

それは「日本製」になります・・・。

 

法律的な言い方をすれば

「実質的な加工が行われた国を製造国とする」

 

と、言う事なんです。

だから、全ての商品においてある一部の工程・加工作業を

他国で行っていたとしても、日本製になりうる!と言う事なんです。

 

「実質的な加工!」が商品にとって、とっても大切なのでしょうが・・

「日本製」だからと言って100%信用できない時代です。

45%中国で作って残りの55%の実質的な加工を日本でやったもの・・・

これも、悲しい事に日本製なんですよね(笑)

 

現在、ダイソーを始めプラスチック製品・食品まで

驚くような価格で手に入れる事ができます。

自分で、自炊するより冷凍食品の方が安い&おいしい&手軽!

こんな時代ですが・・・

 

貧乏な私ですが、

身体に着けるもの、体に入れる(食品)はできるだけ安全なものにこだわりたいですね。

皆さんも、後々「毒物入ってました!すみません」って

会社から謝罪されてもいやでしょう。。。

 

返品・返金はできても健康はもとには戻してくれませんから

自分の判断で、安全性を考えてお買い物を楽しんでください♪

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングにポチっ!してくれたら、嬉しいです!

 

Sponsored Link
Sponsored Link

-日本での話題, 生活・健康・美容

Copyright© バイリンガル子育てママのグローバルライフ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.