バイリンガル子育てママのグローバルライフ

スペイン人パパ・日本人ママ、夫婦での会話は英語!バイリンガルならず、トリリンガル子育てとその家族生活♪

スペイン・ヨーロッパ情報

ダニによる感染、クリミア・コンゴ出血熱 の危険性!スペイン観光客にも注意!大都会で起きている事実

更新日:

先月、日本でもダニにかまれた事による感染でニュースになっていました。

草むらが多い場所や田舎地方でだけ、このような事件が起きていると思っていませんか?

なんと大都会でも、感染の危険性があるのです。

 

関連記事:マダニ(殺人ダニ)による感染症にて死亡

 

今回、スペインの首都マドリードで成人男性がこのダニによる感染症が

報告されました。

ダニからヒツジ・ヤギなどを介して成長していくと言われています。

 

<クリミア・コンゴ熱の正体は?>

 

1944年~1945年にクリミア地方にてソビエト連邦兵士間で

1956年コンゴ地方(中部アフリカ)で

広まった事により、このような命名がされた

クリミア・コンゴ熱ウイルス

 

images (17)
出典 kenko.karada555.info

 

生息地は、アフリカ地方・東ヨーロッパ・中近東・中央アジア諸国・アジア南部

となっておりかなり広い範囲で生息している可能性があります。

 

Sponsored Link


 

 

<症状>

このクリミア・コンゴ熱ウィルスを持ったダニにかまれた後

3~12日の潜伏期間を経て、突然の高熱(40℃)に見舞われます。

高熱の他に、頭痛・関節痛・筋肉痛・腹痛・結膜炎などの症状があり、

発病して数日で、いたるところの粘膜へと

ウィルスが浸透していくことにより

各粘膜に紫斑が現れます。

 

<対処法・治療法>

専門の病院で、血液検査の後、抗生物質の投与と

抗ウィルス剤の治療が必要となります。

 

しかし、ここで大きな問題が!

このウィルスは空気感染による

ヒトからヒトへの感染度が極めて高く

このウィルスだと知らずに治療をした看護婦が

今回マドリードの病院で2次感染している事がわかりました。

 

 

発病したこの男性は、数日後に病院にて死亡が確認されており

2次感染した看護婦は、他の病院にてかくり治療を行っています。

 

今回、この男性と接触したと思われる約200人もの人

(多くは病院関係者)をウィルスチェックしているようです。

 

ダニにかまれた後の、潜伏期間が長くて12日もある事から

他の人への感染が懸念されているのが現状です。

 

スペインマドリードは多くの外国人が観光で訪れる場所であり

このウィルス感染の報告は、観光客にも注意が必要です。

人の多く集まる場所、観光地では何が起こるかわかりません。

 

特に、小さな子供・妊婦などの免疫力が低い人が感染すると

命にかかわる病気です。

平均で、このウィルス感染・発病後の死亡率は15~30%とされています。

 

このクリミア・コンゴ出血熱はエボラ出血熱同様

日本では、一種感染症に定められています。

 

外国へ観光後、急な高熱が出た場合はすぐに病院に行くことをおすすめします。

 

Sponsored Link
Sponsored Link

-スペイン・ヨーロッパ情報

Copyright© バイリンガル子育てママのグローバルライフ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.