バイリンガル子育てママのグローバルライフ

スペイン人パパ・日本人ママ、夫婦での会話は英語!バイリンガルならず、トリリンガル子育てとその家族生活♪

夢をかなえる為にできる事

ハワイ渡航2回目、自分の身に起きた悲劇・社会が与えた経験(夢を叶える為にできる事17)

投稿日:

1回目のインターンシップ(ハワイ渡航)終了後、

自分はすでに再度ハワイへのインターンシップに行く事を決めていた。

前回の経験で、たくさんの事を学ぶことが出来たし

実際に、将来そこで働きたいと思った。

 

stones-1503601__180
 

約半年後、学生でありながら講義カリキュラムをうまく組んで時間をとった。

期間は一ヵ月!!

 

1度いった事のある場所だし、要領も覚えた・・・

前回よりも緊張はなかった。

 

しかし、

 

まず第一関門!

ハワイの税関で止められる

 

「数ヵ月前にハワイに渡航履歴がある、またなぜ来た?」

この質問に対して、私はいつも通り

「旅行です」と答えた。

 

「日本では、何をしている」

「学生です」

「今は、長期休みでもないはずだ!なぜ、学校休んでまでここに来る?

なんか理由があるのか?」

 

しっかりと理由を説明する(何か言い訳でも)語学力をもっておらず

私は、ただただ旅行に来たんだ。と言い張った。

 

彼らは、「こっちに彼氏がいるのか?」と質問

きっと、ここでYESと答えれば、通してくれたのかもしれない。

 

実際、前回出来た年上の彼氏の住所と電話番号を連絡先に書いた。

しかし、何を恥ずかしがったのだろう・・・

 

あのころの私は、「彼氏じゃない」と言い張ったのだ・・・

 

すんなりと税関を通過する事が出来ず、別室に通される事となる。

心臓が高鳴り、私はこれからどうなるのだろうと心配になった。

 

何か悪い事をしていると疑われているのだろうと感じた。

別室では、片言の日本語を喋るスタッフを連れてきて質問をされた。

荷物検査・・・

その結果、無事に入国する事ができたのである。

 

 

今回は、空港へのお迎えはなし!

自分でバスで目的地まで行った。

 

スタッフ・友人との再会を喜び翌日から仕事に復帰!!

と、言っても私にとってはパラダイスのような生活だった。

 

しかし・・・

 

 

今回のインターンシップで、現実の厳しさを見る事となる。

 

Sponsored Link


 

野生のイルカと泳ぐツアーのガイドは面白かったが、

その他の事で不満が出てきた。

 

今回の宿は、B&Bではなくアパートの個室を一部屋私の為にとってくれた。

上司が私の為に・・・と言っていたが

それがうまい事使われてる気がしたのである。

 

仕事以外のことでも、上司の服を洗濯させられたり

いきなり部屋でミーティングをすると言い出したり

スペシャルゲストが来たから、この部屋をその人に貸してくれ!

 

と、私は追い出されたり・・・

 

なんだかなぁ・・・

と、思っていた矢先に

 

上司が日本人の若いテラピストと食事に行くから!

と、後の後片付けや洗濯をまかされる事となる。

 

そんなことが何度か続き、私の不満は上昇!

しかも、私がいない間にその部屋に入っていた事が判明!

上司は、妻子持ちのはずだが・・・

その日本人セラピストと浮気をしていたのである。

 

嫌気がさした私は、上司に不満をぶつける!!

しかし・・・

まだ若かった私は何も強く言うことが出来ず、

逆に上司を怒らせ・怒鳴られた!!

「お前の為に借りたアパートだ!金払え!」

 

実際、私はインターンシップで

お給料はもらっていない。

 

前回来た時に、気に入ってくれたので

また来たら宿と食事をサポートするよ。

と、いう口約束だった・・・。

 

そんな、アパート代を払えるお金は持ってないし

そもそも払う義務はない!!

もうお仕事の手伝いをしないから、この部屋から出てく!!

と・・・

 

大喧嘩の末に、飛び出した。

 

日本帰国まで1週間ちょっと残っていたので、

その間は友達の家に泊めてもらう事にした。

食費を稼ぐ為に、お金もちの家に行き掃除屋洗い物をしておこずかいを稼ぐ・・・

そんな経験もしながら、残りのハワイ生活を送っていた。

 

が、再び・・・

 

ハワイ人の年上の彼(彼氏?)は、私にとっては友達だった。

このまま遠距離で続くわけもないと思っていたし・・・

 

しかし、ある日彼のビーチ沿いにある家の庭での事

「俺と一緒にノースキャロライナに行かないか?

イルカの仕事がしたいなら、ここに残ってもいいし・・・」

 

 

・・と言う前置きの元

 

なんと、彼にプロポーズされた。

驚きを隠せず無言でいると、彼は本気だと言い出したが

こたえはもちろんNOだった。

 

まさか、こんなハワイの土地で・・・

 

彼は、涙を隠せず家の中に入っていった。

 

20歳以上も年上の人・・・

しかも、過去に日本人妻がいたとの噂も?

 

前回、ハワイに来た時に

上司にここで働かないか?と言われた。

「今すぐ来てほしいから、大学辞めておいでよ!!」

と、言われた言葉をうのみにしなくて本当に良かった・・・。

 

2度目の訪問で、こんな事になるとは思ってもみなかったが

これもまた、いい経験となる。はず・・・(笑)

Sponsored Link
Sponsored Link

-夢をかなえる為にできる事

Copyright© バイリンガル子育てママのグローバルライフ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.