バイリンガル子育てママのグローバルライフ

スペイン人パパ・日本人ママ、夫婦での会話は英語!バイリンガルならず、トリリンガル子育てとその家族生活♪

日本での話題

400歳のサメの正体は『世界一のろいサメ』ニシオンデンザメ!大人になるのに○○○年かかる?

投稿日:

デンマークの大学の研究で見つかった、現在絶滅の危機にあると言うこのニシオンデンザメは

脊椎動物で最も長寿で、現在見つかった400歳のサメは関ヶ原の戦いの頃から生きている事になるそうです。

デンマークにあるコペンハーゲン大学のユリウス・ニールセン氏ら(博士研究員)が学科誌「サイエンス」にて

発表しました。

 

今までも、この種のサメの研究は行われていたのですが、軟骨しか持たないサメは

化石になる事が難しく従来の方法では分析が困難なため、寿命や年齢は謎に包まれていました。

このニシオンデンザメは、体長が5~6mにまで成長する大型のサメです。

北大西洋に生息するこのニシオンデンザメが近年数が減少しており、

絶滅の危機にある事がわかったのですが・・・

その理由が、

繁殖可能になるメスの成体の年齢がなんと

 

150歳~

 

大人になるまでに、150年もかかってしまうのですからどんに長生きのこのサメであろうと

子孫繁栄に時間がかかってしまいます。

世界の海の状況、環境が大きく変化し多くの生物が生体を変化させている中

このニシオンデンザメは、1世代が400年かかるとなると環境の変化に順応した進化を遂げるには

1000年以上かかるのではないでしょうか?

 

実にこの400歳のサメが見つかった事で、今まで最長寿だと言われていたホッキョククジラ211歳

をはるかに上回ることになります。

ちなみに、無脊椎動物だとアイスランドガイの507歳という記録があるようでその次に長寿と言う事になります。

 

では、実際に化石からではなくどのようにして年齢がわかったのか詳しくは以下

 

約400歳のサメが見つかる、脊椎動物で最も長寿 (ナショナル ジオグラフィック日本版) - Yahoo!ニュース

今回、ニールセン氏らはニシオンデンザメ28匹の眼の水晶体を使って放射性炭素年代測定を実施。その結果、平均寿命は少なくとも272歳と見積もられ、なかでも体長4.93メートルと5.02メートルの大きな2匹はそれぞれ335歳、392歳と推定された。これまでに脊椎動物では最も長寿とされたホッキョククジラの211歳を上回り、無脊椎動物を含めてもアイスランドガイの507歳に次ぐ記録だ。

ニシオンデンザメの最大記録ははっきりしないが、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストのページには少なくとも6.4メートルと書かれており、そうなると寿命は400年をゆうに超えるだろう。


Sponsored Link
Sponsored Link

-日本での話題

Copyright© バイリンガル子育てママのグローバルライフ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.