バイリンガル子育てママのグローバルライフ

スペイン人パパ・日本人ママ、夫婦での会話は英語!バイリンガルならず、トリリンガル子育てとその家族生活♪

2016年リオ五輪オリンピック 世界の話題 日本での話題

リオ五輪の注目選手競泳マイケル・フェルプスの五輪金メダル最多24個更新なるか!?今後も見逃せない!

更新日:

史上最強の競泳世界記録を数多く持つ、米国の競泳選手マイケル・フェルプス選手!

今回人生5回目の出場となるリオ五輪オリンピックでも個人競技2種目、団体競技3種目計5種目にエントリ-している。

この選手が、初めて五輪オリンピックに出場したのは、15歳の時(2000年シドニー五輪オリンピック)である。

幼いながらに、堂々と決勝進出4位の成績を収めている。

これ以降、2004年アテネ五輪では6冠金メダル・2個の銅メダルを獲得

2008年北京五輪オリンピックでは、出場種目全種目制覇し8冠(金メダル)を獲得した!

 

これまでの五輪金メダル最多記録が、1972年のミュンヘン五輪マーク・スピッツ選手の7冠だったのに対し

マイケル・フェルプス選手は8冠を獲得し記録更新となる。

また、この史上最高・人類未到の功績を讃え大会側から記念品が贈呈されている。

 

2012年人生4度目ともなるロンドン五輪オリンピック、この時点で彼の年齢は28歳である。

競泳の世界では、女子は15歳~20歳、男子は17歳~22歳が選手のピークであると言われており

彼の年齢は、既にピークを越している状態にありながら、個人4種目・団体3種目計7種目に出場した。

オリンピックの開催期間数日間で、予選・準決勝・決勝と約15レースをこなす事になる。

2012年の結果は、金メダル4個、銀メダル2個、400m個人メドレーでは惜しくも4位に終わった。

 

しかし、2012年今までの五倫で獲得した金メダルの数が18個に達し史上最高記録となる!

競泳を知らない人々の中でも「水の怪物」と呼ばれるほど有名になった。

2012年五輪オリンピック終了後引退を表明し、競泳界から姿を消したものの

2年後2014年に現役に復帰し、猛練習の末世界選手権で入賞する猛スピードの回復力を見せた。

 

こんな水の怪物、マイケル・フェルプスが2016年リオ五輪オリンピックでも

猛威を振るっている!

彼にとって、人生で5回目の五倫オリンピックとなる今年の出場種目は・・・

男子200m個人メドレー

男子200mバタフライ

男子4×100mフリーリレー

男子4×200mフリーリレー

男子4×100mメドレーリレー

個人2種目、団体3種目の計5種目である。

8月10日現在で3種目で金メダルを獲得しており、残り2種目は本日・明日行われる!

この2種目でも、金メダルを獲得するとなんと

史上最高五輪金メダル24個

の記録更新となる!

Sponsored Link
Sponsored Link

-2016年リオ五輪オリンピック, 世界の話題, 日本での話題

Copyright© バイリンガル子育てママのグローバルライフ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.