バイリンガル子育てママのグローバルライフ

スペイン人パパ・日本人ママ、夫婦での会話は英語!バイリンガルならず、トリリンガル子育てとその家族生活♪

日本での話題

大分の首藤桃奈マネージャーは、2歳の頃からクラッシクバレエをやっていた!将来はプロダンサー?

更新日:

8月2日甲子園練習中にグラウンドに女子マネジャー入った事で、大きな問題になった。

大分のマネージャーの名前は、首藤桃奈さん3年生である。

 

彼女は2歳半からクラシックバレエを習っており、小学校・中学校と

クラッシックバレエ一筋で頑張ってきたと言う。

しかし、2つ年上の兄が野球をしている事もあって、

一緒に甲子園を目指す為に高校から野球部のマネージャーとして身を置くことになった。

 

何事にも真面目な首藤さんは、練習でも

人一倍選手に気を使った!ボール拾いや声掛け、できる事なら何でもした。

私が選手を支えて甲子園に連れてって見せる!!

こんな強い意志の首藤さんだっただけに、グランドへ出てしまったのも

選手を思ってが故である。

 

大会関係者から注意を受けた首藤さん、ベンチに下がった後に

記者に対してこう答えた。

 

「(広瀬茂)部長にプレゼントしてもらって、昨日初めて着ました」という真新しいユニホームに身を包み、慣れた手つきでノッカーへのボールの渡し役を務めた。しかし、大会規則では安全面を考慮し、女子がグラウンドに立ち入れない決まりがあることが発覚。15分でベンチ裏に下がった。それでも首藤さんは「ノックの補助はいつもやっていますが、手が震えてしまいました」

スポーツ報知
 

選手たちを支えるマネージャーの仕事は、けして楽なものではないだろう。

このサポートは選手たちにとって強い味方となり、まさにマネージャーは

女神のような存在ではないだろうか?

 

Sponsored Link


 

選手と同様に、日々練習に付き合ってきたマネージャーも

甲子園の土を踏みたい!そんな夢があってもおかしくないだろう。

首藤さんが、今後クラシックバレエの練習も続けながら高校最後まで

野球のマネジャーとして精一杯、選手を支えていくつもりだと言う。

 

彼女が将来、クラシックバレエで有名になったら

この日の話でまた盛り上がるんでしょうね。

色んな分野で頑張ってほしいものです。

Sponsored Link
Sponsored Link

-日本での話題

Copyright© バイリンガル子育てママのグローバルライフ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.