バイリンガル子育てママのグローバルライフ

スペイン人パパ・日本人ママ、夫婦での会話は英語!バイリンガルならず、トリリンガル子育てとその家族生活♪

日本での話題 生活・健康・美容

エピソン・キャノンのプリンター購入前に知っておかないと損する情報!カラーインクに隠された秘密

更新日:

最近のプリンターは、わりと格安で購入できることはご存知だろうか?

もちろん、印刷するにはプリンター本体とインクが必要!

 

そんなのは、誰でも知っている事だが・・・

ここに大きな秘密が隠されているのである。

 

 

  1. カラープリンターについて
  2. プリンタ―インク購入の際に気を付ける事
  3. インク購入方法
 

1.カラープリンターについて

カラープリンターは、シアン(Cyan)、マゼンタ(Magenta)、イエロー(Yellow)、ブラック(Black)から構成されています。性能の良い、写真プリント用だと、フォトシアン、フォトマゼンタこのようなインクが加わって種類が増えてくるのです。

このような色で、構成されているのには理由があります。

人は暗闇の中では物を見ることができませんし、目の前は黒一色になってしまいます。また、太陽や電灯などの発光体を直視すると眩しいだけで色を感じることはありません。しかし、晴天の日にホースで水を撒くときに見える虹やプリズムに光を当てた場合は、光が屈折して波長が異なる光の色を見ることができます。

これは、人の目で見ることのできる光(可視光線)が、様々な色の光が混ざり合って白色になっているからで、プリズムを通すと光の持つ波長と屈折率の違いによって分光されて光の色が見えているのです。

では、発光体ではない物体を見たときに、その物体の色を感じるのは何故なのでしょうか。それは、物体に光が当たったときに、ある色の光は物体に吸収されて、物体に吸収されない色の光が反射されて目に届くために物体の色を感じています。たとえば、黒い物体は可視光線のほとんどを吸収して反射しないため、人の目には黒く見えているのです。

http://www.okidata.co.jp/special/tips1/tips02a.html


写真を何枚か印刷していると、結構なスピードでインクを消費していきます。
必要以外のカラープリントを避け、書類等は白黒モードにすると無駄なインクの消費を避ける事が出来ます


2.プリンタ―インク購入の際に気を付ける事
インクがなくなってくると、プリンタ―本体から「インクが少なくなっています」と警告がきます。

この警告があってもさらに、強引に進むとあと数枚はプリントできますが

さすがに限界が来ると「インクがありません」となり、購入しなければいけなくなります。

 

インクは電器屋もしくは、インターネットでも購入できます。

しかし、ここが落とし穴!

初めてインクを切り替える方はお気づきになるはずですが・・・

これがまた、高いのなんの!

 

プリンター本体は、基本的に安く買えるんですが

純正のインクは非常に高い!これを定期的に交換するとなると

すぐに、本体ん値段を上回ってしまいます。

 

アマゾンや楽天等のインターネットショップで、メーカーとインクの品番号を入れると

だいたい純正が初めにヒットして出てきます。

電器屋よりも少し安く購入できるのがインターネットショップです。

 

ここで、目にするのが「非純正インク」の文字です。

驚くことにすごく安い!

5~7分の1の値段で購入する事ができるのです。

しかも、まとめて買うとさらにお得+送料無料!などとなると

後々必要だから腐るものじゃないし、買っとくか!

と、こういう流れになるんです。

 

昔なら、この非純正インクも問題あまり純正品と差がない見た目で

使用する事ができていました。

しかし、数年前から

プリンターの技術がさらに上がり、開発され・・・

安い本体を提供すると共に、

非純正インクが適合しない仕組みに改良されているのです。

 

非純正インクを入れると、「これは純正インクではありません!」と表示が出ます。

この表示が出ても「このまま非純正インクを使いますか?」に はい、と答えれば

次に進むことはできます。

警告として

「非純正インクをしようすると、プリンターにインク詰まりや不都合が生じる事があります」

と、出てきます。

これも無視する事は出来ますが・・・

なんと、非純正インクでプリントすると実に汚い!

色が全く違うように出る。

 

Sponsored Link


 

実際に、私も10年前に買ったキャノンのプリンターは非純正インクで使い続けていました。

何も問題なく使えていたのですが、

最近新しくプリンターを買い替え、凄く本体が安いなぁと感じたのです。

いつものようにネットで非純正インクをまとめ買いすると・・・

 

上記のような事が起こったのです。

メーカーとしても、他会社の非純正インクばかりが売れていくのでは

売り上げが上がりませんから、色々と改良したのでしょう。

 

すさまじい程に、非純正インクが適応しませんでした。

しかも、「このまま使い続けると故障の原因になります」

との警告が・・・恐ろしい。

故障したとしても、きっと非純正インクを使っていた事がバレるようになっていて

保証対象外になるのだと思います!

 

ですので、自分の体験談から言うと純正インクを買う事をお勧めします。

結局、まとめ買いして大量に家に届いたインクは使えないまま・・・

こんなもったいない話はありません。

 

きっと、他会社も対策を練って裏技を考えているのでしょうが

故障の原因になるので裏技は使わない方が無難でしょう。

嘘だと思う人は、非純正インクが無駄になる事覚悟で購入してみてもいいかもしれません。

実際に少し前のプリンターでは、使えてましたから・・・

私自身も最新のプリンターに驚かされた一人です!

インターネットの純正インクをお探しの方は、こちらからどうぞ


プリンターインク
おすすめプリンター


プリンター
3.インク購入方法

インターネットAmazonでまとめて買うとお得です。
自分のプリンターのメーカー、インク品番号で検索するだけで簡単にお買い物できます。

Sponsored Link
Sponsored Link

-日本での話題, 生活・健康・美容

Copyright© バイリンガル子育てママのグローバルライフ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.