バイリンガル子育てママのグローバルライフ

スペイン人パパ・日本人ママ、夫婦での会話は英語!バイリンガルならず、トリリンガル子育てとその家族生活♪

日本での話題 生活・健康・美容

夏はやっぱり昔ながらの蚊取り線香派!?それとも、煙を気にせずカートリッジ電気蚊取り派?

更新日:

蚊取り線香は、蚊を駆除する為のに除虫菊の有効成分

(ピレトリン)や類似のピレスロイド系成分を練り込んだ燻煙式渦巻き型殺虫剤です。

 

昔から、夏になるとこの線香の香りが漂い

この香りに癒されたものです。

 

しかし、1970年ごろ火を使わない電気蚊取りが普及し始めます。

電池、コンセントを使用して有効成分(ピレトリン)や類似のピレスロイド系成分

を空気中に漂わせる、電気式殺虫剤です。

 

有名な国内メーカーとして、

「アース」「フマキラー」「キンチョ―」などがあります。

 

電気蚊取りは、マット式・リキッド式とありますが

マット式は乾電池で持ち運び可能、煙が出ないなどのメリットあり

持続時間が約480時間とリキッドタイプより短めです。

 

リキッド式は、コンセントタイプ(部屋置き)で持続時間720時間、

効果が高く、取り換えの種類・香りが選べると言ったメリットがあります。

しかし、煙やにおいがあるのがデメリットです。

 

このような上記2点のメリットを掛け合わせたカートリッジタイプが

最近では人気になっています。

 

「外でも使えるベープ」などと、宣伝でもあるように

持ち運び可能で、効き目は長い、臭くないし煙も出ない

このようなメリットになっています。

 

しかし、未だに伝統的な蚊取り線香が愛されるのにも理由があります。

蚊取り線香の独特な香り、これは人を落ち着かせる効果があるのではないでしょうか?

神社やお寺がある文化をして、育ってきた私たち日本人にとって

この線香の香りは、とても親近感の持てる香りです。

 

最近では、ラベンダーの香りなどを線香に混ぜて

リラックス効果をもつものも開発されています。

 

さらに、重要なのは煙です。

目に見えない化学製品の殺虫剤より、ゆっくりもくもくと動く

あの蚊取り線香の煙が、蚊を退治してくれるという

安心感にもなっているようです。

 

さて、あなたは蚊取り線香派?

それとも、電気蚊取りは?

 

この暑い夏、蚊に悩まされないように対策はきちんとしておきましょうね!

Sponsored Link
Sponsored Link

-日本での話題, 生活・健康・美容

Copyright© バイリンガル子育てママのグローバルライフ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.