バイリンガル子育てママのグローバルライフ

スペイン人パパ・日本人ママ、夫婦での会話は英語!バイリンガルならず、トリリンガル子育てとその家族生活♪

妊婦・育児 日本での話題

生命誕生の場に立ち会うことが出来る、助産師になる為の学校、資格はどんなものが必要?

更新日:

現在人気が高い仕事の一つ!月給34万円、看護師よりも年収約90万円高い助産師の仕事

この助産師になる為には、どのような資格が必要なのでしょうか?

 

助産師になる為の方法

助産師になる為には、看護師資格と助産師資格が必要です。

この国家資格を所得する為には、条件を満たす学校を卒業する必要があります。

 

方法1:助産師育成コースがある看護学校

看護学校に入学する際に、助産師への希望がある場合は

助産師育成コースがある大学を選ぶといいでしょう。

3年間の看護教育を修了した後、希望者は助産師育成コースの試験を受ける事ができます。

同じ大学ですが、このコースに進学をする為には難関のテストがあり

大学によっても違いますが、希望者の中から合格できるのは7~10倍だと言われています。

 

無事にこの助産師育成コースに進学できれば、1年間の助産師の為の授業が行われます。

こちらは、実技指導も含まれています。

計4年の学業を終え、卒業見込みがもらえれば

看護師、助産師の国家試験を同時に受ける事ができます。

 

もちろん、助産師の資格だけでは働けませんので

看護師、助産師の両方の試験に合格する必要があります。

 

方法2:看護師免許所得者が助産師育成学校に通う

 

上記でも述べ多様に、助産師になる為には看護師免許が必須条件です。

既に現場にでて、看護師として働いていた方が助産師としての転職を希望する場合

助産師育成学校に1年間通う必要があります。

 

こちらの学校は数が少なく倍率はなんと10倍です。

入学試験に無事に合格でき1年間の実習が終われば、はれて国家試験受験資格が得られます。

 

助産師の国家試験は合格率が90%以上と、とても高いです。

これは、けして試験が簡単であると言う事ではなく

この国家試験を受ける為に、難関を突破したものだけが受験資格をもらえますので

数少ない受験者は、必然的に合格ラインに見合う学力・実力があると言えます。

 

Sponsored Link


 

生命誕生をサポートする素敵な仕事です。

大変な事もたくさんありますが、毎日感動と向き合う場面で働く仕事です。

私もママになる身ですので、助産師の存在がどんなに大切か

身をもって感じています。

 

Sponsored Link
Sponsored Link

-妊婦・育児, 日本での話題

Copyright© バイリンガル子育てママのグローバルライフ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.