バイリンガル子育てママのグローバルライフ

スペイン人パパ・日本人ママ、夫婦での会話は英語!バイリンガルならず、トリリンガル子育てとその家族生活♪

夢をかなえる為にできる事

あなたは夢がありますか?どうやって夢を見つけました?(夢をかなえる為にできる事8)

更新日:

今まで全く存在を知らなかった「ライフセービング」に出会ったのは大学1年の頃です。

今まで、競泳選手として育った私は泳ぐ事はプールで行うものだと思っていました。

 

もちろん、海に一度もいった事が無いわけではありません。

しかし海について何も知らない自分に気づかなかったのです。

 

自分が育ってきた環境によって、自分の夢が生まれてくるでしょう。

例えば、小さい頃に医者・看護師・薬剤師・臨床検査技師などの区別を知っていましたか?

私の答えはNOです。

 

知らないものには、憧れようがありません。

 

多くの人が自分の育ってきた環境で、遭遇した人・感動した出来事によって

自分もそうなりたい」と憧れ、それがになります。

 

なので、子供の時にできるだけ多くの体験をし多くの場所に出向く事で

選択する夢の範囲は多いに広がっていくでしょう。

 

私が大学に入学した当時、学科の出席番号順に並んでいる席で

隣同士の人と自己紹介をし自分の話題で話が盛り上がって来ていました。

昔から、スイミングをしていた事

海の動物が好きな事

昔イルカの研究をしているハワイ大学の映像をテレビで見て感動した事

 

そんな話をしていた時・・・

 

目の前に座っていた女性がいきなり振り返って

『私も!』と叫んだのです。

彼女は、私が隣の人に話しているのを聴いてムズムズしていたのだとか・・・

 

変わった子だとは思いましたが、話していくと

気も合い面白い人だったので、仲良くなっていきました。

 

彼女は、後の親友となる人で大人になった今でもつながっています。

 

ある日、彼女がどんな部活に入りたいか?と尋ねてきました。

運動が好きだったので、何か新しい事でも始めてみようか?

と、話していました。

 

彼女が、興味あるサークルがあるから見に行こうと誘ってくれたのが

「ライフセービング」でした。

そんな言葉聞いた事もなく、何それ?状態でした。

親友に連れられて、体験入部しました。

 

次の日曜日朝早くに、学校に集まるように言われ海に連れていかれたのです。

今思うと恥ずかしい事ですが、ここで初めて「波」と言う存在を知るのです。

 

海には、夜景を見に行くもの!

泳ぐのはプールだった私。

 

なんて、無知なのでしょう。

打ち寄せる波を利用して大きなボードに乗せられ波乗りをしました。

水には慣れている私ですが、波に押される感動は表現のしようがないほど興奮させられたのを覚えています。

 

この感動を覚え、そのまま私たちは入部する事に・・・

先輩たちがトレーニングしている姿、ボードをこいでいる姿を見て

正直かっこいいと、思いました。

これが憧れのはじまりです!!

 

私たちは、部活のルールに導かれるように練習を行い

ライフセービングについて学んでいきました。

 

もちろん、私の友達はもともとこの存在を知っていましたから

私とは、ちょっと違う感覚だったと思います。

その後のめり込んでいった私ですが、

 

実は・・・・

 

Sponsored Link


 

はじめ友達にこの体験入部に誘われた時

「海で人を助ける仕事?そのためにトレーニング?

そんなの絶対面白くない、いやだぁ」

 

と、内心思っていたのです。

体験入部に付き合うだけと、心に決めていたはずが・・・

 

ここまで逆転した事に自分でも驚いています。

 

人生で生きて行く中で、自分には関わりの無いもの

興味関心が無いもの!と決めつけてかかっている事がありませんか?

 

本当に、そのことについて知っていますか?

見た目、ただ聞いただけで判断していませんか?

 

百聞は一見にしかずです。

さらに、見るだけでなく体験してみる事、これはとっても大事な事

 

存在を知らないと好きか嫌いかもわからず「夢」にも

もちろんなりません。

 

あなたの夢はどこで見つけました?

夢を見つけるには、視野を広げる事が第一です。

 

Sponsored Link
Sponsored Link

-夢をかなえる為にできる事

Copyright© バイリンガル子育てママのグローバルライフ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.