バイリンガル子育てママのグローバルライフ

スペイン人パパ・日本人ママ、夫婦での会話は英語!バイリンガルならず、トリリンガル子育てとその家族生活♪

日本での話題

マクドナルドは、ポケモンに助けられた!?集客効果の秘密は?

更新日:

日本でも大人気のポケモンGO、日本配信と共に大手ファーストフード店のマクドナルドが

ぽけもんGOと手を組んだ!

 

様々な食品問題で株が下がっていたマクドナルドだが、

この大手企業はなかなか折れない!

 

それもそのはず、子供・家族を引き付ける戦略等に余念がない

 

今回のターゲットは、ゲーマ―だ。

こんな呼び方をすると、ごく一部の人を指しているようにも聞こえが

スマホでゲームをしている人は、スマホ保持者の約85%にも及ぶ

 

つまり、年齢・男女問わず多くの人が簡単に出来るゲーム!

スマホのアプリである

 

アメリカで大爆発した「ポケモンGO」は世界中でニュースになった。

実は、私は日本人だがスペインに住んでいる。

 

このニュースを聞いた時に、てっきりアメリカと日本の話だと思っていた。

ゲーム・任天堂と言えば日本の技術は高い!

 

家族に甥っ子や姪っ子がはまってるか確かめてみると・・・

なんと、日本ではまだ配信されていなかった。

 

私の住んでいるスペインでは、このニュースが流れた後数日で配信開始

日本よりも約2週間早く配信されたのである。

 

ちなみに、私はゲームにハマるとどれだけでも時間を費やしてしまうので

ダウンロードしない事にした!!

 

話を戻そう。。。(笑)

 

そう、大手マクドナルドのマーケティング課は

このポケモンの大ブームを利用しようと日本に配信される前から狙っていたのだろう

さすが、頭がいい。

 

日本全国2900店舗をポケモンジム、またはポケストップに設定した。

ポケモンジムは、ある程度のレベルが上がったポケモン同士を戦わせる場所である。

ポケモンを集めるだけでなく、育て、戦わせ強くしていく!

 

その為には、相手が必要になってくるということだ。

ポケストップは、ポケモンボールや経験値、ポケモンの卵などがゲットできる

 

マクドナルドは、ポケモンを使って集客を狙った!!

 

その結果・・・・

 

Sponsored Link


 

あまり、大きな売り上げ効果にはつながっていないようだ。

なんといっても、ここはファーストフード店である。

食べたいわけではないけど、ポケモンの為にきた人々は

ドリンクだけで長時間居座れる。

 

ネットもできて、椅子・トイレもあって現在コンセントまで提供されてる

こんな都合のいい場所を150円程度で利用できる。

まさに客にとっては、嬉しい話かもしれない。

 

集客=売り上げ増には、ならなかったようだ。

さて、今後どのような対策がとられるか?

他のチェーン店がポケモンを使うのか?

世の中の動きが気になるところである。

Sponsored Link
Sponsored Link

-日本での話題

Copyright© バイリンガル子育てママのグローバルライフ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.