バイリンガル子育てママのグローバルライフ

スペイン人パパ・日本人ママ、夫婦での会話は英語!バイリンガルならず、トリリンガル子育てとその家族生活♪

夢をかなえる為にできる事

父親の教え・教訓、5年先・10年先を考えて生きて行きなさい (夢を叶える為にできる事4)

更新日:

私の大事な父親、口数少ないけど・・・

凄く大事な事を教えてもらった。

 

将来、自分の道を見失わないように・自立した人間になれるように

父親の教訓を胸に、私生きています。

 

『夢を叶えるためにできる事3』で味わった失望感

実は、人生の大きな学びだったと思う。

 

父親と真剣な話をしたのは、高校卒業間近の大学合格発表後のことである。

 

一生懸命勉強を頑張ったかいあって、希望の大学に合格した。

これからは親元離れて、独り暮らし!

 

嬉しいような、不安もあるような・・・

とってもドキドキワクワクしてた頃だと思う。

 

あまりおしゃべりでない父親だが、末っ子独り娘の私をすごく可愛がってくれた。

私には、もちろん直接言わないが私の事を誇りに思っているらしい

 

父親の同僚・友人から

「いつも、娘さんの話をしてるのよ!自慢の娘なのね」

って、話を耳にしてた。

 

ドライブに誘ってくれた父親

車の中で、こう話を切り出された

父親:「大学は楽しみか?」

 

なんだか、少し寂しげな声にも聞こえた。

もちろん、私の答えはYESである。

父親:「高校では何をするのか?」

 

その質問に、息をのんだ・・・。

 

大学は勉強するところで、きっと勉強する。

でも、まだ入学もしてないしわかんないよ。

 

・・・と、私は心の中でつぶやいた。

 

父親:「大学に合格したのは良い事だ。

    でも、だからって手放しに喜んでばかりはおられん!

    大学で何を学びたいのか?

    どんな事を見つけたいのか?考えておるか?」

 

優しい口調で、父は言った。

 

そんな事、一切考えてなかった。

今まさに、目標としていた「大学受験」を終えたばかりだった。

 

目標を達成して、後は春休みを楽しむ!!

そんなことしか考えてなかった自分がいた事に気づかされた。

 

父親:「常に、5年先・10年先を見つめなさい」

 

「大学に合格したら、大学でどんな生活を送りたいのか・何を目標に学ぶのか

もちろん、それを探しに行くのが大学だ。

目標は変わっていい、しかし常にもっておかなければならないものだ」

 

「大学は、4年。長いようでアッという間だ。

思い切り楽しむことも大切だが、大学を卒業した後の事を想像した事あるか?」

 

「どんな仕事をしたいのか?

目標を持つことは、とても大事なことだ」

   「目標が大きければ大きいほど、人間成長するものだ」

 

   「尊敬できる教授、先輩を探しなさい!自分の目標にするのにちょうどいい」

 

何気ない、ドライブ中の父親からの話

これは、胸にしっかりと残っている。

 

確かに、父親の言う事はごもっともである。

人間目標が無いと、だらだらと日々を送ってしまう。

 

けして簡単なことではないけれど、常に先を見て目標を立てる事!

これは、私の人生の教訓である。

 

Sponsored Link


 

数年後、「俺、今を生きてるから」

という男性に父親の教訓を教えたが、耳には入らなかったようだ。

 

将来の夢なし、やりたい事なし、考えても無駄!今が良ければいい!

そんな人との交際関係は長くは続かなかった。。。

 

人生、人それぞれですからね。
ブロトピ:人生の教訓【夢をかなえる為にできる事】
これらカテゴリ―『夢をかなえる為にできる事」は、将来私が自分の人生本を出す為の準備です。

興味をもってくれた方、心に何か感じた方

ぜひともシェア・いいね!お願いします。

 

アドバイス・意見・コメントもお待ちしてます。

出版関係に詳しい方も情報いただけたら嬉しいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Link
Sponsored Link

-夢をかなえる為にできる事

Copyright© バイリンガル子育てママのグローバルライフ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.